HGIBO 流星号(グレイズ改弐)
パチ組みレビュー。

000
本日は予定を変更して流星号のパチ組みレビューで御座います。

001
箱絵。
第17話で少し姿が出ましたがいよいよ明日戦闘シーンに登場しそうです。

002

組立説明書。
シノが搭乗します!

003

特徴的な目玉などはホイルシールで再現します。

004

今回はパチ組み中に後ハメ加工を並行して行ないました。
グレイズ系はここだけ抑えておけば後は悩ましい部分がありません。非常に優秀なキットです。

ということで脚部の前後モナカ割りパーツを後ハメ化します。

005

脹脛側のパーツを写真のようにカットします。
鋸を入れる前にBMSタガネなどで溝をしっかり彫っておくと綺麗にカット出来ます。

006

はい出来ました!
これをやっておくだけで仕上りレベルが一気にアップしますのでオススメの定番工作です。

007

正面。
思い切った配色が功を奏して新鮮みのある機体に仕上がっています。

008

今のところグレイズ系キットにハズレ無しといった感じですが。今回も格別カッコ良いです。リックディアス的な魅力に溢れています。

009

後ろ姿。

010

一般販売で計四種のグレイズがHG化されました。
どれも魅力的ですが個人的にはグレイズ改系の顔が好みです。

011

今回の流星号は肩と頭部の外装が新規です。
肩などがテイワズ系MSっぽいものに変わっていますが可動範囲はいつも通りのグレイズといった感じです。腰の回転がほぼ出来ないのも今まで通り。ただそれ以外は極めて優秀な部類になるかと思います。

012

いつものバトルアックスと今回はショートライフルが付いていました。

013

短銃身の武器はハンドリングし易いので個人的に非常にお気に入りです。

014

フォアグリップが可動します。

015

両手持ちも可能です。

017

ライフルも付属します。
これもやはり取り回し易い優れものです。

018

流星号のショートライフルとMSウェポンセット1に付属していたショートバレルとの比較。

019

グレイズ系のレビューは星の数程ありますので細かい解説は諸先輩方のブログ等にお任せしていきなりクタン参型と合体です!

020

プラモオリジナルのギミックとのことらしいですがそれだけで終わらせるには勿体無いカッコ良さがあります。

021

このMA的シルエットが堪りません。

022

クタンも出来るだけ早く完成させたいところです。

023

マンロディと対決!
次回搭乗予定のロディ系?MSも気になりますね。

024

百錬の方刃式ブレードが装着可能です。

025

劇中で使われるかは不明ですがプレイバリューの高いキットです。

026

ということで百錬と比較。

027

そしてマンロディと。
若干放置気味になっていましたが簡単フィニッシュで仕上げたいと思います。

028

我が家のグレイズ達は腹部で5mm延長することにしました。
設定から外れはしますが自分好みの体型に変わります。
見切り発車でやったのでサイドアーマーをどう取り着けるかは現在思案中です。。。

029

当ブログであまり話題にしていませんがグレイズ系はどれもお気に入りです。
あのOPに搭乗するドーベン・グレイズ(ネットでも同じ呼び方をしている人達が沢山いて面白かったです)も非常に楽しみですね!

030

通常のグレイズ用リアアーマーが余剰パーツとして付属するのでコレも装着可能です!

031
次回は勿論こちらです!と言いたいところですが
既に相当な数のレビューが上がっている人気キットなのでサクッとご紹介程度にとどめて製作に打ち込みたいと思います!

怒濤の新製品ラッシュで製作スピードが落ちてきだしましたので暫くは今手元にあるキットをどんどん完成させていくことに専念したいと思います。

今最も完成が近いのがファーストオーダーストームトルーパー(武器の合わせ目消しと部分塗装というお手軽仕上げの予定です)、ガンダムキマリスあたりかと思います。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください