HGIBO グレイズ(カルタ機)
完成報告。

HGIBOグレイズリッター完成致しました。

当ブログでリッターは何体も作ってきましたけれど肝心のカルタ機は今回が初です。

数あるグレイズ系キットの中でも格好良さという面ではリッターがピカイチでしょうね〜

今回も腰部で約5mm延長しプロポーション変更しつつ腰の360度回転可動軸を追加しました。

要所要所にラピーテープを貼ったのですが素晴らしい輝きです。光を拾うとキラリと輝きます。もちろん画像加工無し。

イシュー家の紋章やギャラルホルンマークはモデグラ付属の水転写デカールを使用しております。その他コーション系はHIQパーツ社製。

背中のリアクター?もラピーテープを張り込んでいます。胸部の小さな二つのコイルも同様。

頭部内部にあるセンサーの中心部には2mm径貼り付けガラスを装着。

ナイトブレード。
結構マスキングが難しいのですが頑張って綺麗に塗り分けました。

当初細かい色分けは面相筆で塗り分けようかと思ったのですが、グリップが絡みますので摩耗対策も兼ねてエアブラシで塗膜を出来るだけ薄くしつつ発色は美しく。

肩装甲の裏側にバーニアがあります。以外に目立ちますのでアクセントになるような発色を狙いました。

一応両手持ち出来ますけれどギリギリで結構しんどいです(笑)

手持ち武器は全て左右両方の腕で持てます。

ライフル。

銃口には1.5mm径のパイプを埋め込み。

写真撮り忘れてしまったのですがバトルアックスもナイトブレードも腰部サイドアーマーに取り付ける事が出来ます。グレイズ系キットお馴染みのギミックですね。お馴染みすぎて撮り忘れました。

太もも外装を素のグレイズ状態にして背中にブースターを取り付ければ無重力空間仕様に。

劇中でリッターは使いませんがお尻に取り付ける分も付属しています。

素のグレイズ同様ブースター四枚付属します。

お得感あります。

裏面にバーニアがありますのでしっかり塗り分けました。

何故か我が家にゴロゴロしていたロングバレルライフル(笑)

今回でようやく使い切りました。

パーツ分割が通常のグレイズライフルよりも簡素なため大きさの割には軽量でハンドリングし易いです。

地上戦仕様と比較。

どちらも腰部を約5mm延長しているのですが、靴の高さが違うためかなり身長差があります。

どちらもかなり気に入っております。やっぱりグレイズは良いですね〜フレック・グレイズ出ませんかね〜

私が所有する最後のグレイズ在庫はこの二体のみ。
昨日完成したMe262 A-1a同様シュバルベ繋がりでこのまま製作開始しようかと思います。

本体及び付属品一式。

HGIBO グレイズリッター(カルタ機)完成報告でした。
これで私が所有している全てのグレイズリッターが完成しました。グレイズはありとあらゆるバリエーションキットがリリースされてきましたけれど、純然たる格好良さという意味ではリッターがぶっちぎりでカッコ良いですね。劇中ではトホホな役回り専門でしたが立体的な魅力があります。価格も手頃ですし週末のお供に是非。

This entry was posted in HGIBO_グレイズリッター and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*