タミヤ 1/48
メッサーシュミットMe262 A-1a 完成報告。

タミヤ 1/48 Me262 A-1a「シュバルベ」完成しました!

数ある航空機の中で五本の指に入るお気に入り機体なのですが初めてプラモを完成させました。

並外れたパーツ精度のキットで非常に作りやすいキットです。

キットの素性が極めて優秀でしたのでディテールアップや塗装に注力する事が出来ました。

アンテナ線は今回もモデルカステンのストレッチリギングを使用しております。

今回スタンド接続する際にネオジム⇄3mm軸アダプターを自作しました。

魂STAGE等に接続する事が出来ます。

胴体裏側にネオジム磁石を仕込んでおりましてこのような形で接続出来ます。

強力に磁力が効いてはいますが、軸接続とはことなりますのである程度慎重な取り扱いが必要です。

胴体裏にあるアンテナは0.3mmステンレス線に置換しております。シャープです。

脚は全てパイピングしたのですが完成後は殆ど見えませんね(笑)ただ実物を見るとやっぱり密度感があります。

製作中の写真その1。

製作中の写真その2。

パイロットフィギュアはこんな仕上がりです。

パイロットフィギュアは完成後殆ど見えなくなりますのでいつも完成直前に全体像を撮影しておくようにしています。

結構雰囲気出せたと思います。手前味噌ですが。

ループアンテナは真鍮線で自作。

ピトー管は真鍮線を削り出して自作。

航空灯はクリアパーツで実物は写真以上に発色が良いです。

左翼も然り。

モラーアンテナも真鍮線と真鍮パイプで自作。

ちなみに製作中の画像はこんな感じです。

磁力が強力なのでクッションを兼ねて磁石と同型のシールを本体の塗膜保護のために貼り付けています。それでも強力ですので慎重に接続します。

同スケールのFinemolds橘花と比較。

こうやって並べると随分大きさも形状も違います。

本体及び付属品一式。

という事でタミヤ 1/48 Me262 A-1aの完成報告でした。

兎に角パーツ精度が高くて感動するキットです。胴体と主翼のパチピタぶりは驚異的で接着剤を使わなくともパーツが吸い付くこの感触はタミヤの真骨頂という感じです。最終的には接着するのですが最後の最後まで接着し忘れてしまう程ピタリとパーツが収まります。

何か航空機のプラモを作ってみたいなという方には迷わずおすすめ出来る傑作キットです。割とコンスタントに生産されています。各社各スケールでMe262がキット化されていますが最も入手し易く、そしておそらく最も作りやすいキットだと思います。今年は10連休もありますしいかがでしょうか。

This entry was posted in タミヤ_1/48_Me262 A-1a and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*