HGIBO レギンレイズ
完成報告。


HGIBO レギンレイズ完成しました!


一応私的にはジュリエッタ機として製作しましたが面白い色味になったと思います。


正面!


前回のイオク機同様、平手は「MSオプションセット8 & SAUモビルワーカー」から持ってきました。


レギンレイズの手首は構造上他のアイテムで代用する事が出来ないので素直にMSオプションセットに頼りました。


ラスタル家の家紋はガンダムデカールから。
リアクターはラピーテープ赤です。


アボカドみたいな色になり兵器と言うよりも競技用的な趣に。イオク機では配色の都合でどうしても目立ちませんでしたがこちらは追加したモールドがしっかり見えます。BMCタガネです。


ライフルは腰部装甲に取り付け可能です。


マガジンを側面に付けます。
ライフルを付けることも出来ます。


2体連続投稿なのでイオク機と同じ進行だとさすがに飽きますので先にフル装備状態から。


やっぱりこの武器はカッコ良いです。


作った事がある方には分かるかと思いますが、立て膝時等に余裕を感じます。本当によく動きます。


外装には合わせ目消しが必要な箇所がありません。


武器類と関節フレーム(フレームはごく一部)に合わせ目消しが必要な箇所が出るくらいです。


当ブログでは度々本キットのことを「驚異的なキット」と表現してきました。けれどもあんまり褒めちぎってばかりだと気持ち悪い(笑)というのもあり弱点を探せば一応あって股関節周辺ですね。これもまたお持ちの方は分かるかと思います。


股関節のロール軸を内蔵した関節ブロック外側に付属する外装パーツがとにかくポロリし易いのです。特に可動に大きく影響する事もないので始めは接着してましたが四体作るとノウハウが貯まり、ここはBJ部分を接着剤等を使って太らせると保持力が大幅に向上します。本機と前回のイオク機はこの方法で取り付けています。


そして当ブログ初お目見えのフィギュアライズエフェクトバースト。


本商品は通常のガンプラ同様ランナー状態で販売されている組み立て式のプラモでしてエフェクトそのものはPS、台座や支柱等はABS製です。


パーツ単位で見ると裏がない造りでショボい箇所もあったりするのですが撮影するとあら不思議。大変良い感じです。ちなみに無塗装状態でこの出来です!何の事前情報も持たぬまま店頭である日見つけたので何となく買っただけだったのですがこの価格でこれだけの効果があるとは!!

キット本体のディスプレイは多少工夫する必要がありますがガンプラにも充分使えると思います。私は今後これを超えるアイテムが登場するまで使い続けようと思います。


しばらくアクション!


イオク機と!!


箱絵風に!


ついつい膝立ちにしてしまいます。
余裕のある可動範囲が素晴らしいです。


個人的にはショートバレル状態がお気に入りです。


今回もロングバレル時の銃口に1.5mm径のパイプパーツを埋め込み。


あとイオク機の際ご説明してませんでしたが踵の板は可動式でこんな風に展開する事で接地性が大幅にアップします。レギンレイズをデザインしてる人って絶対ガンプラ好きですよね(笑)でないとこんなアイデア実装される筈がないwww他の機体もどんどんこの方式にして欲しいくらいです。


ガントレット!


いやあ〜カッコ良い。
やっぱり私はレギンレイズが好きなんだと思います。


これで劇中でも良い見せ場があったら最高だったんですがね〜


頭部内側にある三つ目センサーは今回もしっかり色分け。そして当ブログで最近定番化してきている透明レジンを目玉部分に垂らしてテカテカ光沢仕上げ。


本当にこの手法は使えます。


あとアンテナ付きの頭頂部パーツも用意しました。


これまたカッコよす!


付属品一式。
結構盛りだくさんです。


ということでHGIBOレギンレイズ完成報告でした!
当ブログではこれで四体目のレギンレイズという事になりますが何体作っても楽しいですね。

前回のイオク機とこのジュリエッタ機をようやく完成させる事が出来て一応一区切り着いたかなといった気がします。他にも鉄血キットはまだまだ積んでいるのでそれらも今後作っていきたいと思います。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください