HG ドム試作実験機
完成報告。

久し振りの投稿となりました。
予告通りMSDのドム試作実験機 完成報告で御座います。

「ドム系キットにハズレ無し」という金言みたいな格言みたいな言葉がありますがこれまた究極のドム系キットであると断言して良いかと思います。

正面。

モノアイはレンズ部分を市販のガラスパーツに置換し光をよく拾います。

キット付属のモノアイカバーはオミットし輝きを重視。

頭部は細かいパーツが結構多いので接着しました。モノアイの可動は分解させずにピンセットや爪楊枝などでダイレクトに動かします。

スケール、グレード問わず数あるドム系キットの中で最強の可動範囲を誇ります!このキット凄い!凄過ぎる!!

ヒート剣はグラデーション塗装。

股間に3mm丸穴がありますので市販汎用スタンドをダイレクト接続出来ます。オリジン系キットやRGでは股間に謎のアタッチメントパーツを装着させてからスタンド接続出来るという仕様のものが多いですが私はあのやり方に大反対です。

樹脂のテンションに依存した取り付け方法を採用すると塗膜にダメージがどうしてもいきますしかといってユルめに設定するとバイアラン・カスタム付属のアタッチメントパーツのようにグラグラしてまともに保持出来なくなります。

ですから現時点に於ける小型〜中型〜やや大型の1/144スケールガンプラは股間に3mm丸穴が最も手堅いと私は思います。

ということでドム試作実験機の完成報告でした。今まで色んなプラモデルを作ってきましたが今回のドム試作実験機は個人的に最も綺麗に仕上げる事が出来たキットとなりました。

久し振りにオリジンものを作ったのですがこのキットは同シリーズ、否1/144スケールのガンプラに於いて決定版的存在の可動、プロポーション、色分け、パーツ構成、ディテールを誇っていると思います。ドム系キットの中でも名作MGドム、HGUCドム/リックドムと同列もしくは可動範囲という面をみればそれらを凌駕する部分さえ持ち合わせています。

週末のお供に出来が良くてコンパクトなガンプラを探している方にもオススメのキットです。店頭で見かけられた際は是非。



This entry was posted in HGTO_ドム試作実験機 and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*