HGTO ガンキャノン最初期型
機動試験型/火力試験型
完成報告。


HGTO ガンキャノン機動試験型/火力試験型完成しました。


ずっと作りたかったキットだったのですがなかなか時間が作れず先日ようやく購入したプラモです。やっぱガンキャノンはどれも出来が良いですね〜大満足の内容となっておりました。


火力試験型と起動試験型のコンパチとなっております。


まずは火力試験型。


オレンジのラインはマスキングで塗り分け。白いラインは別売のガンダムデカール。



マーキングは別売のガンダムデカールオリジン用とプレバン専売品のガンダムデカールDXとHIQパーツ社のものを使用。


今回も一枚一枚マークセッターを塗布して貼り付けています。




火力試験型はガンタンク初期型風の頭部となっております。額は手持ちのホイルシール切り抜き。バイザーはクリアパーツ。







前腕は四連機関砲となっております。左右どちらにも装着出来ます。


ガンキャノンとガンタンク初期型を足して二で割ったような独特のデザインが非常にカッコ良いです。


シールド。
オレンジのラインも塗装で表現しました。




四連機関砲を左腕に取り付けることが出来ます。




立膝も力強く決まります。




手首はビルダーズパーツHDのMSハンドを使用しました。やっぱり五本指が似合います。



シールドも左右どちらの腕にも取り付ける事が出来ます。


大口径砲の取り付け軸はタイトなので細く削り取り外し易くしておきました。


肩部ガトリング砲。


昨日完成報告したガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)もそうですが肩部ガトリング砲取り付け時には本来バックパック後部のカバーを付け替える仕様なのですがここは事実上ハメ殺しなので大口径砲取り付け時に使う外装を取り付けておきました。





起動試験型時の頭部も製作しました。


典型的なガンキャノン顔にV字アンテナという構成でこちらも魅力的です。


マシンガン。


少し斜め気味になりますが一応無改造でMSハンドの銃持ち手に持たせる事が出来ました。


カクカクしててなかなかカッコ良いです。


形状的にハンドリングし易いのでプラモ的にも優れたデザインで兼ねてから当ブログで申しておりますがこの手のデザインは私は大好物です。






足裏は肉抜き穴も無くしっかり造形されています。案外目立つ場所なので塗り分けたりノズル中心部にHIQパーツの金属パーツを貼り付けました。










余剰パーツでライフルが付属します。



シールド、ライフル、マシンガン共に左右どちらにも装備出来ます。










二体同時で記念撮影しました。



二体同時に挑戦してみましたが流石に時間的にも労力的にも結構大変でしたがこうして一緒に並べて撮影するとやって良かったなと思います。


構造が同じなのでガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の武装を取り付ける事が出来ます。


一応スタンドが付属します。


ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)もそうですが、こちらもマットブラックで塗装しております。


というわけでHGTO ガンキャノン機動試験型/火力試験型完成報告でした。

今回もヤフオク出品中です。何卒宜しくお願い申し上げます。

2017年発売のキットですので既に作られた方も多いかも知れませんが非常にオススメのキットです。オリジンHGなのでパーツ数も多いですがその分情報量もたっぷりで立体的な魅力に溢れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください