HGTO ガンキャノン最初期型
(鉄騎兵中隊機)完成報告。


HGTO ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)完成しました!


久しぶりのHGとなりました。
オリジンHGということもありパーツ数も多く完成までに想像以上にエネルギーを使いましたがキットの出来自体は「ガンキャノンに外れ無し」を地で行く出色の出来となっております。


どうせ時間がかってしまったならばと水色のラインは全てマスキング塗装で表現しています。


手首はキットの付属の三本指のものは使わず(一応製作はしております)ビルダーズパーツのMSハンドを使用しました。


マーキングは全て水転写デカール。
別売品のオリジン用ガンダムデカールとプレバン専売ガンダムデカールDX、そしていつものHIQパーツ社のマーキングを使用しております。


当ブログでは一枚一枚クレオスのマークセッターを塗布して水転写デカールを貼り付けておりますので非常に吸着力は高いです。


側頭部の鎧騎士のマークもガンダムデカールです。いやあ店頭在庫がある時に買っておいてよかったです。


低反動キャノン砲。
キットのままだと取り付け軸がかなりタイトなので組み替えて楽しむ場合は軸を細くしておいた方が破損リスクが低減し安全です。私はスポスポになる一歩手前くらいまで削りました。逆立ちさせて飾るという場合を除きここを緩くしても特に不具合はありません。


立膝も力強くきまります。


手首はビルダーズパーツHDのMSハンド。


やっぱり穴の空いていない握りこぶしは良いですね〜


キット付属の三本指マニピュレーターも一応つくりました。


非常に華奢な見た目なので力強いガンキャノンのシルエットには合わない気がします。まあ意図してこういうデザインが採用されたのでしょうが。


やっぱり太めの五本指手首がガンキャノンには似合いますね〜


シールド。
爽やかなカラーリングで仕上げてみました。


前腕のアタッチメントにはめ込んで取り付けるのですがこうした構造の場合塗面を著しく傷つける事が多いので今回は入念にクリアランス調整しました。


見た目も非常に良い感じです!


無改造でMSハンドでライフルを持たせる事が出来ます。


多少の調整は覚悟していたのですが、さすが同一メーカーだけあり助かりました。


足裏。


ここは意外に目立つので頑張って色分けしたりノズル中央部にHIQパーツの金属パーツを貼り付けたりしました。


ミサイルランチャーを左肩に取り付ける事が出来ます。


低反動キャノン砲は左右どちら側にも取り付ける事が出来ますのでこのような構成にすることも出来ます。


ライフルもシールドも左右どちら側にも取り付ける事が出来ます。


本キットには角度固定のスタンドが付属します。


ガンプラの世界ではしばしば「ドムにハズレ無し」と言い、確かにドム/リックドムはHGUC、MGと神がかり的なキットがありますがこれらとリデコキット以外は結構やばいものも散見されますが(笑)ガンキャノンは本当にハズレが無いですね。特にMG、HGは死角が無いです。


次回はもちろんこちら!
こいつもかなりカッコ可愛いんですよ。ご期待ください。


という事でHGTOガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)完成報告でした!
今回もヤフオク出品しております。何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください