HGUC No.43 リック・ドムⅡをつくる。


脚部の作業もぼちぼちやっていきます。

がっつりモナカ構造で合わせ目がでますんで裾〜脹脛のフレア部分の合わせ目をセメントで溶着させておきました。もう結構な日にちが経ってますから完全硬化しています。


膝裏の合わせ目は私の技量では綺麗に消せないのでどうしたものかと思案したのですが、よくよく思いを巡らせればウェーブの目盛り付きプラ板を切り出して貼り付ければ一発で解決するとわかりそうしました。本当に有難いまさに文明の利器さまさまです。


捨てサフ吹いて合わせ目の処理具合を見てみました。一発目にしては上等です。ここから細かい補修をやって表面処理して洗浄です。


前腕の合わせ目消しにも頑張って取り掛かっています。

内側の形状なんてかなり厄介な形状をしています。まったくドムっぽい要素がないどころか宇宙世紀っぽさもあまり感じない特殊な形状。


外側も結構厄介な形状をしていますので焦らず着実に品質重視で綺麗に仕上げたいものです。


挟み込まれている機銃?っぽい造形は真鍮パイプ等に置換したらかなり見栄えがするようになるんじゃないですかね。

という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください