HGUC バーザム(クリアカラー)
完成報告。

HGUC バーザム(クリアカラー)完成しました!

不思議MSバーザムがクリア成型で登場して更に不思議な感じがしたのでその奇妙な魅力をより強調する方向で仕上げてみました。

正面。
2018年最初のバーザムです。
昨年は2体作ったので今回が3体目の完成報告となります。

比較用にキットぱち組み状態。

エッジやゲートがあった場所を中心にグラデーション塗装を行ない、ゲート処理でヤスリがけした場所にはまずEXシルバーを吹いています。

その後クリア塗料を吹いて着色。

黄色のクリア成型のパーツはクリアオレンジでグラデーション。

脛のクリアーレッドのパーツのように濃い色の上に明るいクリアパーツが乗る箇所は裏面にEXシルバーでグラデーションを掛けて完成後の発色を良くするようにしてみました。

鶏冠もしっかりグラデーション塗装してより目立つ仕上りに。

モノアイもクリア成型されていましたが奥まった箇所に装着すると殆ど目立たなくなるためEXシルバーを吹いた上からクリアーレッドで塗装。それでも光が直接差し込む角度に入らないとあまり目立ちませんが個人的には良い感じの質感が出せたと思っています。

腹部周りのグラデーションや艶の質感、クリアな透過の残し具合のバランス等々格別気に入っています。

デカールは銃器のセンサー以外全て水転写式を使用。

HIQパーツとガイアノーツのダブルネームの箔デカールを使用しています。脚部に貼ったティターンズマークのみガンダムデカールです。

こういう特殊なキットに箔デカールは本当にマッチします。

腕部の透け感も非常に気に入っております。パーツの裏面やフレームが透けたりして複雑な透過が楽しめます。

バックパックもお気に入りです。

バーニアはメタリック系の塗装をした上からクリアーレッドを吹きました。
バックパック中央下部の六角形モールドにはUVレジンを充填してテカテカ仕上げ。

脚部もまた面白い質感を出せた気がします。

パーツ裏にあるリブやピンを受けるパイプ状の穴等々が光を受けて不思議な模様を描きます。

クリアブルーのパーツはダクトやエッジ部分等にEXシルバーを吹き、パーツ全体にクリアパープルを吹きました。

私はクリアー系塗料はガイアノーツ社のアイテムを多用しているのですがクリアパープルだけはクレオスの「GXクリアーパープル」を使用しています。これは替えが効かないです。

勿論可動も優秀です。

謎過ぎる形状が魅力の専用ビームライフル。

センサー部分はキット付属のホイルシールの上にUV硬化式透明レジンでテカテカ仕上げです。

後側のセンサーも同様。

真ん中の赤丸も透明レジンで光沢仕上げ。硬化させるまで粘性のある液体なので平滑度はハンパなく高いです。

上下にある帯状のエリアにはラピーテープ赤を貼り込みました。

装備のさせ方も謎で上腕部分に懸架させる事が出来ます。左右どちらの腕でも可能です。

手に持たせるとこんな感じです。

股間には3mm丸穴がありますので市販の汎用スタンド各種に対応しております。

上下逆になっちゃいますけれど左手でも持てます。

これはこれでカッコ良いです。

ビームサーベルは前腕外装の裏側に収納されているという設定らしく格納状態のビームサーベル柄が律儀に内蔵されています。

折角なので1.5mm穴を開口しサーベル刃を取り付ける事が出来るようにしてみました。

ビームサーベルは二本付属します。

サーベル刃はクリアオレンジでグラデーションをかけてみました。

勿論普通に持たせる用のビームサーベル柄も付属します。

二刀流!!

この超絶クオリティのバーザムが1,500程で手に入るのですから何十年も待ったかいがあるというものです。

今回のようなクリア成型のアイテムがイベント限定品として登場する事で一回作ったガンプラでもまた楽しむ事が出来ます。

まあ私みたいなのはクリアだろうが通常カラーだろうが気に入ったキットは死ぬまで何体も作りますけれど(笑)そんな私でも思わず即買いしてしまう魅力が詰まったキットです。

ガンプラEXPO in FUKUOKAは今度の日曜日に終わってしまいますのでまだ見入手の方は是非!こういう限定アイテムの入手し易さという点で東京の人が羨ましくなりますね〜

かく言う私も12年程前は東京都民でしたがその頃は毎日が仕事に追われてばかりでプラモどころではない日常でした。なかなか上手くいきません。

本体及び付属品一式。
日頃イベント限定アイテムに心引かれる事が無かったのですがバーザムとなれば話は別です(笑)

思いの外クリア成型が似合うキットです。

次回は勿論キマリスヴィダールです!

ということでHGUC バーザム(クリアカラー)完成報告でした!

デザインも劇中での扱いも長年に亘るネット上で扱いも色々と奇妙で面白いMSですが、今回のイベントで登場したクリア成型キットはそれらをより加速させるものがありそれを活かす方向で完成させました。キットのままでも充分にカッコ良いのですが、赤みを強調して色気のある不思議な仕上りを目指しました。

クリア成型キットという事で今回は成型色を活かしつつEXシルバーや各種クリア塗料を用いて塗ってみました。複雑で面白い表現が出来た気がして個人的には結構満足しています。

ガンプラEXPO in FUKUOKAも今週末終わってしまいますので気になるアイテムがある方は今のうちに是非トライされてみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in HGUC_バーザム, HGUC_バーザム(クリア) and tagged , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*