HGUC イフリート・シュナイド
完成報告。


本日は二本立てです!
バイアラン・カスタムに続きHGUC イフリート・シュナイド完成報告で御座います。


長い間冬眠していたかのように大人しかったHGUC シリーズですが、今年五月のバーザムやら今回のイフリート・シュナイドやらと最近にわかに活気づいて完全復活した感があります。


正面。


プロポーションは完璧だと思いますのでディテールアップで完成度を高めていく方向で製作しました。


モノアイはガラスパーツに置換。当初グリーンのものを装着する予定でしたが、発色を優先しブルーにしました。光をよく拾います。


モノアイの可動は爪楊枝などで突っついて行う事にしています。


ヒートダートは一本一本シャープ化しています。


完成すると殆ど目立たないですが取り付け基部はマスキングして塗り分けました。


全身にマウントしているヒートダートは接着してしまっても良いかも知れません。私もポロポロしそうなお尻のヒートダート等は後で接着する予定です。


今回も要所要所にラピーテープを貼り込んでいます。


そしてお馴染みBMCタガネでモールド追加。
配色的にベタ塗りだと単調になりそうだったので今回はグラデーションも要所要所に掛けてみました。


ジャイアントバズーカ。
他キットの流用でなく新規です。スコープ等分割も凝っていて造形もパワフルで素晴らしいです。


スコープのレンズ部分が独立してパーツ分けされていたので名設計に敬意を評してサードパーティのレンズパーツ等を使わず塗装で仕上げてみました。


非常に疾走感溢れるシルエットなのでアクションポーズが映えます。


当ブログでは消していますが肩アーマー、前腕、後側の裾に目立つ合わせ目があります。


肩アーマーは後ハメ加工し易い造りですが前腕は私のスキルでは強度と可動範囲を確保したまま後ハメするのが不可能であると判断し、先に肩関節を塗装した後前腕パーツで挟み込み合わせ目消しをした後マスキングして塗装しています。


昔は何でもかんでも後ハメ加工しようとしてとんでもない時間を費やしたりしていましたが最近は適材適所で後ハメ加工とマスキングを使い分けています。


あと足裏の抜く抜き穴ですね〜
ここも私の腕では綺麗に埋める事が出来そうになかったのでキットのままにしています。


バーザムの時は見事なパーツ構成で足裏に肉抜き穴がくるような事はなかったのでここはちょっと残念。位置的にもプラ板を側面から挿入させる技も使い辛いです。


ま不満と言えば足裏の一部くらいですかね〜


他は総じてハイレベルな出来でサイコーです!


あ、そうそうこのキットの素晴らしい点として武器持ち手でジャイアントバズーカを持てます。ですので事実上左右どちら側でも持たせる事が出来ます。


REVIVE百式の時も書きましたが私は1/144スケールで銃器のトリガーに人差し指が掛かっているか否かは全く問題視していませんのでこういう仕様は大歓迎です。


実は今回の完成報告では銃持ち手を使用していません。


勿論付属しますので使えますが(笑)この手首で充分カッコ良いという事をお伝えしたかったのです。個人的には人差し指がどうこうよりも穴の空いていない完全な握り拳と平手が左右分付属してくれたら良かったな〜と思います。


付属品一式。


今更だすのかという気持ちが強いですがなんだかんだ言いながらやっぱり買いましたwww


個人的には今年最大の目玉アイテムが入荷しましたので昼休みに買ってきました!

今夜仕事が終わってから早速パチ組みしてみたいと思います!!冒頭でもお話ししましたが今年のガンプラは宇宙世紀もの大逆襲といった感じで興奮しっぱなしです。組み立てるの超楽しみ!!!!!!!!!!!!


ちょっと脱線しましたがイフリート・シュナイド完成報告でした!

今回もヤフオクに出品致します!何卒宜しくお願い申し上げます。

非常にカッコ良い出来で後発故にRE1/100版イフリートよりもプロポーションがこなれた感じで文句無しのプロポーションです。

可動範囲も広いですし、如何にもヒールっぽいデザインのタフなロボットが欲しいと言う方には特にオススメです。週末のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください