HGUC グフフライトタイプ
21stCENTURY REAL TYPE Ver. 完成報告。


ガンダムベース限定 グフ・フライトタイプ(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)完成しました。それはもう本当に良いキットです。


非常に作り応えのあるキットであると同時に非常に作り易いです。

模型史に名を残す名作 HGUCザクF2のDNAを受け継いだ傑作 HGUCグフカスタムのリデコという事もあり本キットも珠玉の出来となっております。

フライトタイプ分のパーツ数は非常に多く組み応えがありますが、厄介な挟み込みや脆い箇所等一切なく、ガトリングシールドを構成する銃器の極々一部分を除き合わせ目消しが不要です。


2021年も10日間ほど過ぎて今年最初の完成報告となりました。


作る前は HGUC グフカスタムのリデコなんでそれくらいのパーツ数だろうとタカを括っていたのですが、フライトタイプ部分のパーツ構成の本気度が凄まじく大作キット並みのパーツ数とパーツ構成が採用されています。


それらすべ手は合わせ目消しが不要です。ですので合わせ目を跨ぐ挟み込み構造もゼロです。


脚部の造形とパーツ構成は格別素晴らしく、この水準が HGUC の基本仕様だった時代の名残を残します。


傑作キット HGUC グフカスタムガトリングシールドも付属します。


モノアイは2ミリ径ガラスパーツを埋め込み。


モノアイ可動は頭頂部ヘルメットを外して回転させる仕様に変更しました。
顎下のレバーをカットしましたので前後差し替えで消灯状態にも出来ます。


この加工は HGUC ザクF2、グフカスタム等に有効です。顎下のレバーを動かすために頭部をいちいち外す際に顎やパイプに要らぬ負荷がかかり破損してしまうリスクも回避出来ます。


肩の3本線はキット付属の水転写デカールを使用。


それ以外のラインは赤・黄・白以外全て塗装。


水転写デカールが付属はしますが、細いラインの場合はどうしても相対的に余白が大きくなるため塗装の方が有利な場合が多いです。


あと可動するキットの場合は完成後の動かしたり動かす際に止むを得ずライン状に指が触れて剥がれてしまうリスクを回避するためにマスキングで塗装し対応しました。

脚部外側に左右2基ずつあるエンジンのカウルは全て別パーツ化されております。脹脛部分の造形も全て別パーツ化されており非常に作り易く造形面でもメリハリが生まれ誠に素晴らしいパーツ構成となっております。


三連ガトリングガンのセンサー部分にガラスパーツを装着。4ミリ径。


非常に重い武器ですが肩の根本部分でロックさせるHGUC グフカスタム同様の機構があるため安定的に保持出来ます。


非常に出来の良い右平手が付属するため表情豊かなポージングを楽しめます。


多くのパーツを割いて再現しているが故に脚部は非常に重量があるため股関節の可動ポイントを渋めに調整しておきました。これで力強く足を開いたポーズをとる事が出来ます。


ヒート剣ももちろん着脱可能です。


この写真が最も現物に近い発色をしています。


写真ではわかりにくいですが、脚部を中心にグレー部分はスプリンター迷彩塗装をしています。


エンジンカウルのみならずタービン部分も別パーツ化されており作り易さ、塗装し易さを徹底的に追求したパーツ構成となっております。


エンジンカウルとタービンの隙間に奥行きのある空間があるのでしっかり黒く塗装しておく事でより立体感が強調され完成後の見栄えが良くなります。


出来の良い穴の開いていない握り拳が左右分付属します。

当ブログで度々書いてきましたがこの握り拳左右分と平手左右分、銃持ち手左右分、武器持ち手左右分をセットにして別売して欲しいんですがね。別売品として安定供給してくれれば手首がショボい事が多い最近の HGUC 購入時に一緒に買いますので。


ガトリングシールド。
塗装というか配色にかなりこだわりました。


三連ガトリング。


床を反射させて撮影してみました。


ハイミロンの黒背景だけでも埃対策が地獄なのですが(笑)床反射をやると更に埃との戦いになります。


それでも上がってくる写真は圧倒的なものになりますのでやる価値があります。


やっぱりこの脚部のパーツ構成と造形は誠に素晴らしいです。

膝関節はフライトタイプ専用設計だったりして相当力を入れて製品開発した事が窺い知れます。

エンジンカウル、脹脛、膝関節ユニット等々全てのパーツが圧倒的なパーツ精度で立体パズルのように力強いシルエットを組み上げていきます。


これも忠実に色を捉えているように見えます。


これも実物そのものに見えます。
まぁ閲覧環境によって変わるのでしょうが、赤系と青系は調色も塗装も撮影も非常に難しいです。

しかも今回はグレーのスプリンター迷彩も加わりましたので調色と試し吹きに相当な時間をぶっ込んでしまい予定を大幅に超過してしまいました。


本体及び付属品一式。


という事で HGUC ガンダムベース限定 グフ・フライトタイプ(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)完成報告でした。

今回もヤフオクに出品ガンダムベース限定 グフ・フライトタイプ(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)致しましたので何卒宜しくお願い申し上げます。

冒頭にも書きましたが作り応えがあるキットですが、作り易いキットです。個人的にはまた作りたいですね。今年は予定がびっちり入っていますので来年ですかね。

徒歩圏内にガンダムベース福岡があるので一箱或いは二箱摘んで備蓄しておきたい程の名作キットだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください