HGUC グスタフ・カール
タミヤ 1/48 ストームタイガー
ハセガワ 1/72
F-35ライトニングII(A型) “航空自衛隊 臨時F-35飛行隊”をつくる。


今週もあれこれ作っております。工作よりも塗装がメインですね。塗装って結構体力使うんで頑張らないといけません。


まずはHGUC グスタフ・カール。


色指定よりも細かい塗り分けを行って情報量アップを目指します。といっても元からかなり密度の高いキットですが。エッジもシャープでスカスカ感が全くない良いキットです。足裏の肉抜き穴なども皆無で近年のHGで不満だった部分がことごとく解消されています。HGUCバーザムを作った時の感動に近いものがあります。


続いて昨年のバレンタインでいただいたタミヤ 1/48 ストームタイガー。なんと本体はほぼ振り出しに戻りました(笑)


三色迷彩の塗装で失敗したためです。


シンナー風呂に漬ける時に破損するかなと覚悟した砲弾を懸架するクレーン部分は無事でした。


気を取り直して履帯を塗っていきます。


パーツを切り出して塗り分けるのではなくランナー状態で履帯を塗っていくことにしました。


部分連結履帯の場合いちいち切り出して持ち手に取り付けるよりもこの方が効率良く作業出来る気がしたためです。しかも最終的にウェザリングするわけですからゲート跡は後からリタッチで全く問題無いと思います。


ということでこの状態で塗装してみました。
圧倒的時短が実現出来ました。ガイアの黒サフの上にクレオスのメタルブラックで塗装。


お次はハセガワ 1/72 F-35ライトニングII(A型) “航空自衛隊 臨時F-35飛行隊”。いよいよマスキング開始です!


まだこれだけしかマスキング出来てませんがこの時点で悟りましたね。これは地獄になると(笑)誰だよ「三日で完成出来る」って言ってたのはwww


とまあ色々作っている最中ではあるのですが、ある程度完成が見えてくると次の段取りをイメトレし出すのがモデラーの性かと思います。やっぱり今年のバレンタインでいただいたプラモも作ってみたいところです。


あと個人的に購入したキットはこれです。X-29。
日本のアニメかゲームに登場しそうな現実離れした形していますが、実在する機体です。題材として面白いかなと。


この値段!
私の稼ぎの悪さと制作スピードではこの価格帯は大変有り難いです。


パーツ数36とあり部品点数の少なさも私好みですwww今月か来月にトライしたいです。


あとカーモデルはこちらをやってみたいと思います。綺麗に仕上げる事が出来るでしょうか。


それと昨年の誕生日プレゼントとしていただいた造形村 1/48 ホルテンも制作開始したいと思います。出来れば今年の4月中に完成させたいところです。

その他琉金やらネオジオングやらイタレリBrummbärやら大量にいただいているガチャーネンやらあれこれ進行中ですので次に何が完成するのか私にもわかりませんが今後ともご高覧の程何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください