HGUC REVIVE版ギャン
REVIVE版ガンダム3体
MGマラサイ
進捗報告。

000
久し振りの投稿となってしまいました。
仕事の合間にちょっとずつあれこれ手を出しています。

001
まずREVIVE版ギャンですが腹部ユニットを上下に延長しました。

002長くし過ぎた分を調整してこのような感じに。
これでもかなり長いとは思いますが思いきってみました。

003
ギャンを作るとなるとガンダムもやっぱりちゃんと作ろうということになり、長いこと倉庫で眠っていたREVIVE版ガンダムを三箱引っ張り出してきました。FA化を検討している分もあるので全部で四体持っています(笑)

004
REVIVE版ガンダムの制作が進捗芳しくない理由はプロトタイプガンダム化が億劫だったという点に尽きます。これを機にやっていきます。

005
懸案の前腕のプロトタイプ化する作業ですが私はMSVからパーツを持ってきてミキシングすることに。

006REVIVE版ガンダムの腕部フレームを後ハメ化します。

007
ビームライフルも形状が違うのでこれも何とかせねばという事になりました。

009
MSVとREVIVE版のいいとこ取りをしつつ細々した帳尻合わせはプラ材やお助けパーツを使って形を出していこうと思います。

008
最近手に入れたウェーブの平刀でアンクルアーマーのスリットを彫りました。フリーハンドです。これは本当に素晴らしいアイテムです。

010
プロトタイプガンダムはお尻も独特な形状だったのでそれを踏襲した形状に変えていきます。あと右サイドアーマーもビームライフルを懸架出来るようにしなければなりません。

011
ノーマルガンダムに持たせるつもりのビームジャベリンは雑誌付録のものです。これも地味に合わせ目消しが難しいので焦らずひとつひとつやっていっています。

012
続いてMGマラサイ。
パチ組みレビュー記事は省略していきなり制作に入ります。

013
本キット、組み易くて素晴らしいプロポーションの良作なのですが武器の保持力だけはいただけないものとなっております。ビームライフルの形状と銃持ち手の形状が全くあっておらずまともに保持出来ません。頭に来て瞬着で固めてやろうかと思ったのですが(笑)左右どちらでも持てるようにネオジム磁石を仕込むことにしました。私は2.5mm径のものを使用。フォローさせていただきますが手首も素晴らしい造型で指先に至るまで非常にグラマラスです。

014
ネオジム磁石を埋め込んで保持力が一気に向上しました!
プロポーションも最高です!ですがスパイクアーマーが腕部の可動に干渉するのは残念です。ここはザク2.0やイフリート改の方が遥かに優秀です。

015
付属のラウンドフォーミングジョイントはなかなか面白いです。

016
ということで今回はこんな感じです。
あれこれ手を出してしまって自分でもこの中から何が最初に完成するのは予想もつきません。ということで今後もご期待ください。


This entry was posted in HGTO_ザクl(デニム/スレンダー機), HGUC_REVIVE版_ギャン, HGUC_ガンダムREVIVE, MG_マラサイ and tagged , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*