HGUC REVIVE版 百式
完成報告の巻。

000a 今回はREVIVE版百式の完成報告です。制作時間は24時間を切り、袖付きドライセン制作時の三日という自己記録を破り我がガンプラ人生最速フィニッシュとなりました。

000b お盆休みのうちに完成させるという目的の下、
1.原則としてランナーのまま塗装
2.やすり掛けなし
3.ゲート処理なし
4.パーツ洗浄さえなし
という暴挙とも言える工程省略で製作しましたがなかなかの仕上りとなりました!最新ガンプラ恐るべし。

001 正面。

002 踝部分が空飛びそうなデザインにアレンジされている部分などは賛否分かれそうですが個人的には大満足のプロポーションです。めちゃくちゃカッコ良いです。

003 背面。

004 一応光沢仕上げなのですが撮影で艶感を捉えるのが難しいですね。

005 三種類付属するバイザー部分のホイルシールは迷わず走査線をチョイスしました。サイコーです!

006 肩の三角形やダクト等赤色部分は全て別パーツになっています。シンプルなパーツ構成でありながら細かく色分けする技術は流石です。

007 水転写デカールはHIQパーツ社のものを使用しており発色もバッチリです。

008 腕部も見事なパーツ分けで合わせ目消しが必要な部分はゼロです。色分けのレベルも極めて高く感動しました。

009 肩アーマーも素晴らしいパーツ構成で合わせ目消し不要です。「百」マークはキット付属のテトロンシールを使用しています。

010 足首。

011 赤い部分の塗装は黒サフを吹いた後、スターブライトシルバーを吹きその上にクリアーレッドで塗りました。実際はテカテカしておりお気に入りです。

012 バックパックは黒サフ後、スターブライトシルバー、その上に偏向プリズムブルーグリーンを吹いた後、クリアーブルーとクリアーパープルでグラデーションを掛けてビスマスっぽい色合いにしてみましたがいざ撮影してみると現物の発色を捉えるきれず。。。

013 フラッシュを焚いて撮ってみたら青い部分はだいぶ現物に近い色味を捉えることが出来ましたが今度は金色部分が現物よりギラギラし過ぎる感じになってしまいました。写真は奥が深いです。

014 本キットは可動も極めて優秀です。

015 武装一式。
ビームライフルは銃口廻りをディテールアップ。ビームサーベルの刃はクリアーグリーンでグラデーションをかけました。

016 調整は一切せずに組みましたが各間接ともしっかりとしたポーズ保持力があり好感が持てます。

016b フラッシュ無しで再度撮影。
やっぱこれが現物に近いかな。もう少し色鮮やかですが。

017 またフラッシュ炊いて出撃!
この発色も捨て難い。

018 平手は次元ビルドナックルズ「角」から持ってきました。こちらはそのまま使うとBJ部分がごく僅かに太いので削って調整しています。定番工作です。

019 穴の空いていない握り手と平手があると一気に見違えます。1/144スケールのガンプラを手っ取り早く見栄えよくするコツはまず手首をなんとかすることだと思っています。

020 平手を添えて射撃!

021 クレイバズーカは背中に懸架出来ます。

022 ここからアクションポーズいろいろ。

023 ここまで来たらリックディアスのREVIVE化待ったなし!

024 ハイザックREVIVEも待ったなし!

025 REVIVE以前にそろそろガルバルディβを!!

026 HGUCはこのこのところREVIVEばかりでしたが記念すべき201番は陸戦型ジムとの発表がありシリーズ継続が明らかになりほっとしました。必ず買います!

027 ということでHGUC202番はバーザムを是非!!出たら必ず複数買いします!

028 203番はバウンド・ドック以外ありえない(笑)出たら最低でも三体買います!!!

029 030 031 031b 032 032b 033 034 035 036 037 RGゼータガンダムと比較。
思いの外ゼータは長身でした。

038 この機体とのツーショットは避けられないものがあります。

038b HGUCアッシマー。
当ブログでは改造してMS形態時の身長を少し下げていますがそれでも大きいです。

039 お約束のシーン。

040 色んな機体がハイレベルな造型、色分け、ギミックで立体化されていくHGUCは他の機体と絡ませることで楽しさが倍増します。それにしてもアッシマーでかい。。。

041 付属品一式。

042 次回はこちらです!
REVIVE版ガンダムとBB戦士のガンダム。まずはREVIVEから完成報告して月末にBB戦士の完成報告をしようかと思います。ご期待ください。

000c ということでHGUC REVIVE版百式でした。
目立つ合わせ目はバインダーと武器くらいですし各部の細かい色分けも非常に高いレベルで再現されております。おまけに組み易くプロポーションもカッコ良いと「REVIVE」の名を冠するに値する素晴らしいナイスキットだと思います。迷っている方や久し振りにガンプラでもやってみようかという方は是非ともお試しください。オススメです。



This entry was posted in HGUC_REVIVE版_百式 and tagged , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

One Trackback

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*