HGUC リ・ガズィ
完成報告。

000a今回はHGUC リ・ガズィ完成報告で御座います。

000b
2014年5月12日にパチ組みレビューして以来でしたが先日プレバンから届いたガンダムデカールDX効果でモチベーションが一気に高まり今回の完成と相成りました。

001
正面。

002
斜め。

003
背面。

004
煽り。

005
プロポーションに定評のあるHGUCの逆シャアアイテムですがこのリ・ガズィもベストバランスと言えるプロポーションです。お陰でディテールアップと調色に専念出来ました。

006
既存モールドを彫り直してメリハリを付けました。

007
頭部センサー類は全て付属のホイルシールを使用。このスケールのキットではツインアイ等は塗装よりもこちらの方が発色が良かったりします。

008
HGUC逆シャア関連キットお約束の首関節の仰角可動は本キットでも健在。

009
後頭部〜バックパックはこんな感じ。

010
スタビライザーは可動します。バーニア関連はメタリック塗装。

011
肩アーマーはモナカ割りの挟み込み構造で目立つ合わせ目がでますがパネルラインで分割して後ハメ加工しました。

012
前腕部のグレネード展開ギミックは差替え無しで再現。

013
両腕共展開可能。

014
シールド。
造型、取り付け方法共に素晴らしいです。
早速ガンダムデカールDXを使用してみました。

015

016
今回もBMCタガネ大活躍です。
今回は0.15mmがメインです。

017
配色は当初UC版にしようかと思ったのですが挿し色が赤い方が締まりそうだったので素直に逆シャア版として調色しました。

018
今回の色味はかなり良い感じに調色出来たと自画自賛中です。現物はもっと良い感じでしてドギツくならずかといって淡過ぎずといった塩梅です。今回は色づくりに関して個人的に自信が着いた制作となりました。

019

020

021

022

023

024

025

026

027

028

029
ビームサーベル刃はグラデーション塗装しました。
手前味噌ですが現物は更に発色が良いです。今回の塗装はやる事なす事すべて上手くいきました。

030

031

031b

032

033

034

035

036

037

038

038b

039

039b

040

041

042

043

044

045
RGゼータと比較。繊細な造りのキットですが我が家では健在です。お気に入りのキットです。

046
HGUCギラ・ドーガと。
これも年内に作りたいキットなのですがなかなか時間が作れていません。

047
二体あります!

048
逆シャアもののMSはカッコ良いものが多いです。特にギラ・ドーガやリ・ガズィとは逆方向のカッコ良さがあります。

049
ギラ・ズールも二体あります!
何とか時間を作って出来れば纏めて一気に作りたいと思います!!!!

050
以前ご紹介した「ガンダム名鑑ガム」のアクシズとラー・カイラム。
アクシズはクリア版のものはアクシズショックをイメージして塗装してみました。本当にこのシリーズは楽しめます。

051
念願のギャンスロットは昨日届きました!近日中に組みたいと思います。脇に居る二体のMSもカッコ良いですね!北宋の壷はもっと強敵キャラとして活躍させて欲しいです。

ビルドファイターズは既存MSのリデコで楽しませる方向で暴れた方が絶対にガンプラビルダーからの支持が増えると思うんですがね〜オリジナルMSはハイモックやビルドバーニングくらいで良いと個人的には思います。

次回予告は別のビルドファイターズものの完成報告となりそうです。ご期待ください。

052
ということでHGUCリ・ガズィでした。
2008年にリリースされたキットですが造型、色分け、プロポーション、プレイバリュー全てに於いてハイレベルです。最近の高騰した価格帯のキットと比べるとお得感がハンパないです。当時は高額な印象を受けましたので時代の流れを感じます。これで太腿のロール可動があったら完璧でしたね。この頃の股関節はBJがメインでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください