1/100 IBO
ガンダムキマリストルーパー
完成報告。

000a1
久し振りの投稿になりました。写真を撮ったり文章を書く時間が惜しい程ガンプラ制作にのめり込んでしまったためです(笑)

今回は1/100スケールガンダムキマリストルーパーの完成報告で御座います。

000a2初心に帰ってジャンクパーツを大量投入したりハゲチョロ塗装をしてみたりと大暴れです。

001
以前HGバルバトスルプスを黒く塗った時に味をしめたこともありオリジナル配色です。

鉄血のガンダムタイプMSは折角ソロモン72柱の悪魔に準えられているので仕上りも悪魔っぽくしたいと思いこんな感じに。

old3
製作中の写真。
ジャンクパーツやプラ材を駆使してデコりました。

001b
ぱち組みと比較すると殆ど別人でなかなかの大手術となりました。

002
とにかくむちゃくちゃ強そうな仕上りを目指しました。

003
配色はキマリスなので紫系の色味は残しつつ、全体的に毒々しい発色を目指しました。

004
側面。

005
背面。
発色の良さを維持しつつも重量感を出すことが出来たと思います。

006
頭部廻り。

007
頭部の後ハメ加工をしつつ後頭部に鶏冠を追加。
クシャトリヤ・リペアードの余剰パーツです。そこにプラ板を足してごちゃつかせました。自画自賛になりますがとても気に入っております。

008
ツインアイや周辺の細かな箇所もきっちり塗り分けました。

008b
肩廻り。
ここも気合いを入れて作り込み。

009
劇中で通常キマリスの時に使っていたスラッシュディスクが個人的にお気に入りで今回のトルーパー制作時にも絶対に取り入れたいと思いあれこれ考えた結果こんな感じに。

010
ジャンクパーツとお助けパーツのコラボです。ポロリしないよう固定しています。

011
昨年模型ホビーショウに行った際、ハセガワさんのジャンク市で買った戦車のジャンクパーツにマイナスモールドを追加して私なりの改造スラッシュディスクとしました。

010b
ボードウィン家の紋章や型式番号、ギャラルホルンマークやセブンスターのエンブレム等はモデグラ11月号付属の水転写デカールを使用しております。非常に高品質なデカールで大変重宝しております。私は三冊買いました(笑)デカール代だと思えば安い投資です。

012
胸部廻りはキットのままだとエッジがダルダルだったのでキンキンに尖らせました。プラ材で間延びしそうな所をディテールアップ。

013
私は「ぐるぐるおっぱい」と勝手に名付けているのですが結局用途不明のままだった胸部ギミック。ガンダムヴィダールとなって?二期では出番が来るのでしょうか。楽しみです。

014
背中もジャンクパーツで強力にディテールアップ!

015
ガンプラの神様のお導きに従ってどんどんパーツを組み込んでいきました。

016
手が止まる事無くどんどんパーツやプラ材パテ類が吸い込まれていって作っていて本当に面白かったです。

016b
キマリス系キットの鬼門はなんと言っても前腕の外装だと思います。あれこれ悩んでしまい時間だけが過ぎてしまったため思い切って接着しエアブラシの細吹きで色分けしてみました。

017
基本的にExシルバーの上に任意のクリア塗装をして色を出していきました。色んな色がぶつかってビスマスの結晶みたいな怪しい発色となる事を目指しています。

017b
そういう意味では割と狙い通りの仕上りになったかも知れません。

017c
本当は更に毒々しい色味を目指していたのですがこれ以上やると自分の腕では纏めきれなくなるなとふと我に返った次第です。

018
キットのままだと何とも言えないビミョウな平手ですが指を五本とも根元から一旦切断し角度調整し直した後真鍮線接続して自然な表情になるよう改修。勿論左右分手を加えました。メンドクサイですけどコレをやるだけで一気に完成度が上がりますので簡単フィニッシュ派の方にもオススメの工作です。

018b
鉄血系ガンダムタイプ全てに言えますがとにかく腰が短くて中学生体型なのでそのままだとシルエットからは悪魔的な怖さを感じません(笑)個人的な好みでここは15mm(!!!)延長してみました。

019
この部分に使っているジャンクパーツは確かEz-SRがメインだったと思います。

020
サブアームも突起を増やしたりする等して情報量アップしています。何気にサブアームが一番どうディテールアップするか悩んだ箇所です。

020b
そのままでも良かったのでしょうが元デザインがスクエアで平坦な感じだったのでここは模型的な意味でリズムに変化を加えてみたいと思ったのです。

021
配色が配色なので各部位の形状が掴み易くなるようにハゲチョロ塗装を加えています。結果的に見た目にメリハリがついたと思います。

022
脛のディテールアップはHG戦国アストレイ頑駄無の余剰パーツがアクセントとなりました。

023
脚部側面は立体的な造型を引き立てるために敢えて強めのグラデーションをかけてグラマラスさを強調。

024
最近のガンプラは曲面の再現も美しく本当に凄いです。

025
お尻のホバーユニット。ここは見せ場なので重量感を出すよう努めました。ボードウィン家の紋章も貼りました。

026
デストロイヤーランスもどえらい事になりました(笑)

old2
製作途中の写真はこんな感じです。
ハセガワAFVキットやイフリート改、Ez-SR等のパーツを使っています。

027
とにかくハッタリの効いた武器に仕上がりました。

028
貼り付けガラス大活躍です。

029
腕部保護用?の装甲をイメージして追加したパーツは手首を付ける際一旦外すことが出来ます。あ勿論外さなくても取り付け出来ます。

030
指が太い方でも持ち替え易いようにしています。

031
デストロイヤー・ランスは専用の角度の付いた手首で持たせます。

031bb
ちなみに本キットは大人の事情で手甲パーツが一個足りません。完成後都度都度手甲パーツを付け替えるなど絶対にイヤ(どころか接着してしまいたいくらい)だったのでレジンで複製しています。

031b
ということで複製して一安心です。

032
およそモビルスーツに見えないメカメカしさが出せて気に入っています。

033
流石に重量がハンパないのでそのままでは無理が出来ませんが…

034
腰のサブアームを使えばこんなことも!劇中でも使われていましたが素晴らしいギミックだと思います。

037
後から見てもサマになる武器です。

036
お次はシールド。
これまたお気に入りの仕上りです。

038
裏にはごっつい刃物が。

039
グリムゲルデとの対決シーンは忘れられないものとなりました。

040
キマリスという機体は劇中で一機も撃墜していないのに多くの人達から愛されている機体で本当に特別な存在だと思います。

041
「アインを…アインの誇りを!」

042
「そんな非道は許される筈は無い!」

043
鉄血の一期は第19話あたりからの緊迫感がハンパなくて毎回ハラハラしながら視聴していました。

044
最終回の一歩手前第二十四話の終わり方は個人的に最高にツボでまさかマクギリスがガエリオの前に現れると思いもしませんでしたね。

045
付属のスタンドは非常に大型で迫力があります。

046
「妹だってお前にならば信頼して任せられると…!」

この辺りの声優さんの演技本当に凄まじかったですね。とかくガンダム作品は伏線を撒くだけ撒いて空中分解しがちなことがありますが、鉄血はどのキャラクターにもしっかり役目があってちょっとしたひと言が後のエピソードにしっかり繋がったりと群像劇としての完成度がめちゃくちゃ高いと思います。

047
シノ、ラフタ、アジーがピクニックしてる絵が出てきた辺りから緊張の糸が切れた感がありましたね(笑)最終回の後半部でずっこけた印象を個人的に感じたので二期は最期の最期まで壮絶にやって欲しいと思います。

048
そしてトルーパー形態!

049
サイコーです!

050
トルーパーって「騎兵」という意味だったんですね。

051
個人的にはガンダムタイプのMSで最も気に入っています。

052
「鉄血のオルフェンズ」に登場するガンダムは何か独特の魅力があります。

053
ごっつい刃物は左手でもしっかり持てます。

053b
今Amazonプライムで一期を観直しているのですがカルタのグレイズリッターを救出に来るシーンもめちゃくちゃカッコ良いですね。

053c
ガエリオもアインとの絡みが出てきた頃から一気に魅力が出てきて主人公サイドを喰いかねない程の人気者になりました。

054
話が進行するに従って株が上がっていったという意味ではチョビ髭野郎のトドも外せませんね(笑)私のお気に入りキャラです。あのゲスい感じが素晴らしいです。見方を変えれば鉄血はトドのサクセスストーリーでもありますねwww

055
鉄の塊みたいな重量感が出せて満足しています。

055b
HGグレイズアインや第六形態バルバトスなども裏でちょっとずつ作っているので来年の一月くらいに完成報告出来れば良いなと思います。

056
貼り付けガラスはブルー系の怪しい発色のものを手に入れたので早速使ってみました。

057
長年苦手意識を持っていた1/100スケールですが今年は結構な数作る事が出来ました。

058
059
059b

059c

059d

059e

059f
060
付属品一式。

061
次回予告はこちらです!
遂に当ブログにグレイズがやってきます!
こちらも想い通りの仕上りとなりました。ご期待ください。

000c
ということで1/100ガンダムキマリストルーパーの完成報告でした。鉄血のガンダムタイプMSはディアブロ感を強調して私は作っていきます。悔いなく形にする事が出来ました。当ブログでは鉄血関連キットの進捗はのんびりやってますが一体一体をしっかり作っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください