海洋堂 1/35
35ガチャーネンVol.1.0
S.A.F.S. 完成報告。




いただきものの海洋堂35ガチャーネン S.A.F.S. 完成しました。


今回は限りなく白に近いグレーの練習も兼ねて製作してみました。ハイミロンの黒背景があってこその内容です。


正面。


今回も基本塗装はエアブラシ。
関節のシーリング等もマスキングして出来る限りエアブラシで吹き、その後モデルウォッシュでスミ入れしつつウォッシングしタミヤエナメルのフラットブラックで塗膜のダメージを描き込んだりスポンジチッピングしたりしました。


汚しそびれた箇所は AK-Interactive ウェザリングペンシルで追い汚しを書き込んでみました。非常に便利です。


トップコートはクレオスのスーパースムースクリアを使用しています。つや消し表現に関してはこれが一番だと思います。瓶のサイズも絶妙でしっかり攪拌させ易いんですよね。最近品薄なのか発注した分がまだ入ってきませんが備蓄があと1.5瓶分ほどあります。


足裏パーツは今回し要しました。
片足だけHIQパーツのネオジム磁石を仕込みました。


スタンド側には径が大きめの百均で買えるネオジム磁石を仕込んで自立補助しています。


頂いてからだいぶ時間が経っていたせいか35ガチャーネンに同梱されているデカール類はかなり貼り難くなっていました。

マークセッターを使って馴染ませたつもりでもちょっと面積の大きいものは後日めくれ出していたのでそういったものは剥がしてウェーブ1/20に同梱されていた余りデカールやHIQパーツのコーションマーク等に置換して好きなように貼っています。


バックパックはガンメタで塗装した後ウェザリングペンシルでエッジを強調しました。アルミナムを使用しています。


左手の先端にある飛び道具(不勉強ですみません)みたいなものもガンメタ塗装した後、ウェザリングペンシルでエッジ強調。使用した色はアルミナムです。


ここからしばらくローアングルで。


1/20スケールと並べてみました。
ファイアボールでしたっけ?このキットはもう一箱積んでいます。

当時の自分的には随分汚して作ったな、なんて思ってたんですが今の目でみるとぜんぜん(笑)まだまだ汚しが足らんなという気がします。これは後日追い汚ししとかねえとwww


Ma.K. 関連では近々こちらを作ってみようかと思います。
ウェザリングをファイアボールと一緒に行えば段取り的に合理的ですし。


という事で海洋堂35ガチャーネン S.A.F.S. 完成報告でした。
予定通り行けば明日は ルビコンモデルス 1/56 ヘッツァーの完成報告を行いたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください