1/144 モビルフラット
ぱち組みレビュー。

000
今回はモビルフラットぱち組みレビューです。大変有難いことにいただきものとなります。

001
箱絵。
このシリーズ独特の青い背景。1999年発売です。

002
またたく間に形になりました。
名作キットという噂はかねがね聞いてきましたがまさに完璧なシルエットなのではないでしょうか。色分けのレベルもかなり高めだと思います。

003
背面。

004
面白い形状の頭部も再現されています。

005
そして1999年のガンプラとは思えぬ程可動範囲が広いです。

006
後ハメ加工が必要な場所は肩アーマーくらいです。

007
肘、膝等PCは剥き出しですが出来るだけ見た目がおかしくならないようにフレームと同系統の成形色となっています。

008
シド・ミードが凄いのかガンプラ設計者が凄いのか、その両方なのかミードデザインのMSはガンプラ化された際の再現度が高めです。

009
ボックスビームライフルは展開状態のものが付属。銃持ち手は右手のみです。

010
スパインシステム?は腕部脚部ともにモナカ割りなので合わせ目消しが必要です。平手には目立つ肉抜き穴があります。

011
ここは見せ場なので合わせ目消しと塗装を頑張りたいと思います。

012
背面もしっかりモールドがあるのでここもキッチリ塗りわけたいと思います。

013
股間に3mm穴を開口しておきました。

014
これで魂STAGE 等の各種汎用スタンドに接続出来ます。

015
016
踵のパーツを外して身体を折って変形します。

017
シド・ミードによるシュールなデザイン。

018
完成後はカプールと絡ませてみたいところです。

020
1/20版のメカトロウィーゴもいただきました!ハセガワの名作キットです。次回はこちらのパチ組みレビューです!

019
ということで旧キット(と言って良いのか?)モビルフラットでした。
90年代のガンプラとは思えぬかなり出来の良いキットで驚きました。合わせ目消しと肩アーマーの後ハメ加工、肉抜き穴の処理をして塗装しようと思います。来月中には完成報告が出来そうです。ということでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください