MAXファクトリー
1/72 ヘイスティ
進捗報告5

000
RE1/100バウの乾燥の合間に今回はMAXファクトリー1/72ヘイスティの進捗報告をしていきます。

001a
ちなみにRE1/100バウはこのような感じで進めていっています!間もなく完成予定です。

001b
バウのスミ入れの乾燥、トップコートの乾燥中にヘイスティの作業に取り組みました。

001c
コクピットの内のコンソールは水転写デカールで再現されています。

001d
組み込んだらこんな感じに。
完成後は更に外装で覆われますので今のうちに拝んでおきます(笑)

010
前回の作業で光沢トップコートを吹いたヘイスティですがここから汚し塗装に入ります。リアルに仕上げたいので現実世界からヒントを得たいと思います。

002
事務所や自宅の近所を歩けばいくらでも「リアル」な汚れに出会えます。

003
原則として塗装はエッジから剥がれます。
これは私が言うまでもなく接触する確率が高いことや角は塗装が乗り難いからです。

004
錆がコンクリに移動しています。雨が錆を浮かせて重力が下に引っ張りました。

005
私が毎日乗っている自転車のペダルも見てみました。
エッジ部の塗装が剥げて銀色の地が見えています。ペダルのアームはズボンの裾に接触して塗装が剥げています。

006
廃屋?のトタンなんかも模型制作のモチベーションが上がります。

008
汚れや傷には必ず理由があります。

009
何らかの形で塗膜にダメージが入り、そこから金属の地が出ます。そして空気にさらされ雨に打たれてこのような汚れが生まれます。この現象を模型に導入することで空想の世界のキャラクターモデルの仕上りに真実みを持たせる事が出来る筈です。

011
それらを踏まえて汚していきたいと思います。

012
エッジというのは輪郭に相当する部分だけでなく分割線も含まれます。実在するなら当然大きな境界線となる筈です。

013
足の甲もそうですね。
ということで今回はここまでです。次回はRE1/100バウの完成報告となる予定です。ということでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください