MG リックドムをつくる。


各部にラインを引きたかったのでマスクしていきます。


黒い外装にはグレーのラインを引く事にしましたので黒サフの上に濃いめのグレーを吹き付けました。


このような感じで細切りマスキングテープを貼っていきます。


幅は3ミリのものを使用しました。


湾曲がキツい箇所は流石に通常のマスキングテープでは追従出来なかったのでタミヤの曲面用マスキングテープを使用しました。一応3ミリ幅のものを使って寸法を揃えたつもりでいましたが、見た感じやや幅広で3.5ミリ弱くらいありそうです。もしかしたら黄色マスキングテープの幅が3ミリより狭いのかも知れませんが。


肩アーマー。
ここも曲面用を使っておいた方が良かったのかも知れませんが通常の黄色い細切りマスキングテープを使用しました。


靴は曲面用マスキングテープでないと形状的に綺麗に貼るのはかなり難しいと思います。


単純作業の連続ですが、綺麗に貼るにはそれなりの労力を要し結構な時間を費やしてしまいました。


ここにもカーモデルよろしくレーシングストライプを入れてみました。


裾のマスク。


左太腿に識別帯を入れたかったのでこのようにマスク。


こちらは6ミリ幅のマスキングテープを使用しました。


いよいよ本体色の塗装に入りました。


かなりの時間と塗料をぶっ込んで調色した塗料も良い感じの発色となりました。青すぎず、赤過ぎず、濃過ぎず、薄過ぎず。


足裏パターンもちょくちょく塗り分けてみました。左側のパーツは一部マスクしたままになっていましたので後ほど剥がしておきます。

基本塗装が終わったら、お次はスミ入れを行いその後水転写デカール貼りとなります。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください