RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


懸案の足裏に着手します。
かったるい作業が続きますがこれらの作業が終わればお楽しみの本体製作に入れますから頑張って乗り切りたいところです。


現在並行して製作している HGUC ズサの足裏がやばいですがヤクト・ドーガちゃんの足裏も結構なもんです笑

赤線が合わせ目、白い線がパーティングラインで申し訳程度に造形されている足裏のパネルラインは全て跨ぎます。これならいっそのことのっぺらぼうで成型しておいてくれた方が作業は楽なくらいです。


セリアで購入したマス目付きシールを使います。


半透明なのでパーツに直接貼って形状をなぞってみました。


シールなので剥離紙を剥がしてプラペーパーやプラ板にぺたりと貼り付ける事が出来ます。とても便利です。


トレースした形状にそってデザインナイフでプラペーパーをカット。

ちょっと左右非対称でこれではつかいものになりませんね。

せっかくマス目が印刷されているのだから寸法を測って形を出した方が良さそうです。


そうした方が速くて正確なものが出来そうです。


台形のパネルは二重構造になっていましたので内側も同じ方法で形状を出します。


並行して足裏を平面にしておきました。合わせ目もこの段階で消します。


ここは構造的にセメントで溶着させる必要はありませんので瞬着で良いです。

なかなか完成まで遠いですが少しずつ前進していっています。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください