ドイツレベル 1/48
ステアマン PT-17 ケイデット をつくる。


ドイツレベル 1/48 ケイデットを作っていきます。


フレームやシートを組み立てで胴体パーツで挟み込みます。


今回も3mm丸穴を開口して魂STAGE等の市販汎用スタンド接続出来るようにするつもりなのでフレームの位置を把握しておきます。


エンジン周辺のパーツは完成後ほぼほぼ見えなくなりますが意外なほどパーツを割いていましたんで記念撮影。


パイロットフィギュアは付属しないので以前ヤフオクで激安落札して大量に入手したパイロット群からフィットしそうなものをふたつ引っ張ってきました。


幸運にして無加工でジャストフィットしてくれました。


接着せずに組めるところまで組んでみました。


パーツの合いも申し分なく箱に書かれた「レベル4」表記に内心怯えていましたが今の所やるべき事をひとつずつこなして行けば完成しそうな雰囲気です。


前脚などは独特なパーツ構成をしているので合わせ目消しや塗り分けにやや気を遣いますがパーツが合わない系のヤバい造りではないので安心感あります。普通にタミヤやハセガワのキットを作る時と同じ感覚で安心感があります。


まぁ複葉機なんで張り線ですかね。
マテリアルからこちらで調達してこないといけませんし取り付け方法もモデラー毎に色々ありましょうからそこの手間を考慮してのレベル4なのかも知れません。


今回は白い張り線を表現したいのでストレッチリギングが選択肢から外れてしまいます。


大きめの釣り具屋等に置いてあるフライ(毛針)タイイングに使う糸で良さげなものがあるという話も聞いた事があるのでそろそろ調達しておかないと完成が遅れてしまいかねません。


という事で今回は以上です。
ここからは前脚と胴体と主翼の合わせ目消しを行ったりステップ部分を金属線に置換したりリベット部分を彫りなおしたり、張り線用の穴を開口したりと地味ながら忙しい作業が続きます。

という事で今回は以上です。
現在並行して色々作っている最中なんですが、次回は35ガチャーネン関連の記事でも投稿してみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください