ドイツレベル 1/24 カーモデルシリーズ
トラクター ポルシェ ディーゼル
ジュニア 108をつくる。


後回しになってしまいましたがポルシェトラクターもようやく先ほどサフ吹き開始と相成りました。

写真上部にある造形村 1/48 F-4EJ改 のエンジンもそろそろ塗装したいのですがね。あれこれ横展開し過ぎていずれも進捗芳しくありませんがあといくつか月内完成させてみたいものです。


コンパウンドで磨いたのは(私の技量で磨く事が出来たのは)エンジンカウルとタイヤハウスくらいです。あと座席の一部やコンソール付近の一部分ですかね。


それ以外のパーツは特にこれといって磨いたりとかはしていません。

というか複雑且つ繊細過ぎて私にはどうしようもありませんね(苦笑)
あくまで昨年のクリスマスプレゼントとしていただいたものなので自分用という事もありますのであまり思い詰めず気楽にテキパキやっていこうと思います。

まだまだゲート跡やゲートそのものが残っていたりしたのでその辺も処理していきます。


あと泥除け部分のスカート?は実写だとゴム製だと思いますので黒サフを吹いてマットブラック仕上げとしておきます。サフ吹き前にマスクしておきます。


サフ吹きしてみました。
ピンクサフを吹いてその上に乗る赤の発色をサポートしておきます。


赤はいつも使っているガイアのブライトレッドかFinisher’sのリッチレッドどちらにするか悩んだのですが、当ブログで馴染みのあるブライトレッドを使うことにしました。


そうする事で並行して制作しているアオシマサンバーの塗装も行えるからです(笑)

写真ではわかりませんが、まだまだピンクサフが透けている箇所が結構あったためユニオール108と一緒に吹き足してみたいと思います。

このサンバーと共に月内フィニッシュを目指したいところです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください