RG νガンダム完成報告。

RG νガンダム完成しました。

既に多くの方々が完成させているかと思いますので細かいキット解説は割愛して写真メインでお送り致します。

以前作ったRG サザビー同様文句の付けようがないスーパーキットで私としては大満足の仕上がりとなりました。

プロポーションはキットのままです。
個人的には非の付け所の無い名作キットで文句無しのカッコ良いνガンダムだと思います。

ユニコーンガンダムがナラティブガンダムを踏襲したデザインと今風のスタイリングが見事にまとまっており見ていて飽きません。「こういうνガンダムが欲しかったんだよ」という要素が全て具現化されています。

マーキングはHIQパーツのコーション系デカールとバンダイが販売しているガンダムデカールをメインに使用。あとMYKデザインのラインデカールも要所要所にアクセントとして使っています。

ビームライフルの銃口には1.5mmパイプを仕込みディテールアップ。

スタンドはアクションベース5やアクションベース2を使用してください。

私はそれらのスタンドを所有していないので魂STAGEを細工して使っていますが基本的に接続出来ませんのでおすすめしません(笑)

スタンド接続は専用のアタッチメントをバックパックと背中の間に挟み込む構造でシンプルかつ保持力抜群かつ見た目も損なわない非常に合理的なデザインが採用されております。

但しスタンドとの接続はBANDAI SPIRITS独自規格であるため必ずアクションベース5やアクションベース2を使用してください。

フィンファンネル。
この状態でちゃんと自立しますし取り付け易く取り外し易い、保持力も抜群です。

この一枚の写真だけでバンダイ積年のノウハウと執念が凝縮されている事がおわかりいただけるかと思います。私は鳥肌が立ちました。逆シャア公開当時小学生だった私に見せたら腰抜かしますよ(笑)BANDAI SPIRITS 本当にすごい!まさにスピリッツを感じます。

せっかく細かいモールドが彫られていたので平坦に仕上げるのが勿体無かったためマスキングして塗り分けてみました。

ファンネルだけで何時間も触っていられます(笑)。

RG サザビーの時同様、本体側にはアドヴァンスドMSジョイントは一切使われておりません。当時も書きましたがこれは関節強度や塗装の便を考慮すれば大英断だと言えます。

そしてフィンファンネルのヒンジ部分にのみ今回アドヴァンスドMSジョイントが採用されております。これでフィンファンネルの組立てストレスが大幅に削減されますし構造上組立説明書に従って可動させれば強度的にも余程の怪力で乱暴に取り扱わない限り破損する事はまずないと思います。

フィンファンネル取り付けアタッチメントは左右分付属。

ですので組み替えればこのような配置も可能です。

RG サザビーは嫁入りしてしまいましたのでHGUC ネオジオングに付属するシナンジュと対決させてみました。

左前腕にある予備のビームサーベルも勿論取り外し可能です。

スライドさせるとその動きに連動してサーベル柄が自動的に外側に飛び出します。

ビームライフルは右手持ちオンリーな仕様ですがバズーカは武器持ち手を使用するため左右どちらの手でも持てます。

1/144スケールのアムロ・レイが付属します。

今回も頑張って塗装しました。
飛行機やAFV等のスケールモデルでもそうですがフィギュアはいつも塗り始めが億劫なんですが塗り始めるとこれが結構面白いのです。極細面相筆があると便利です。

本体及び付属品一式。

ということでRG νガンダム完成報告でした。
現在ヤフオク出品中です。何卒宜しくお願い申し上げます。

同シリーズのサザビー同様個人的には決定版ですね。私は塗装していますがぱち組でも凄まじい完成度で組み上がります。

既に組んだよという方も多いかも知れませんが大変オススメのキットです。RG サザビーとともに是非とも一緒に並べたくなるガンプラです。

This entry was posted in RG_RX-93, RG_νガンダム and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*