SDガンダム Gジェネレーション-F
No.56 MA-08 ビグザム 完成報告。


SDガンダム Gジェネレーション-F ビグザム完成しました。


今回もスタンドを自作しました。


本体仁王立ち。


水転写デカールはガンダムデカールを使用。


アンテナ基部はかなり目立つ隙間が出るのでしっかり埋めました。
それに伴いアンテナそのものも真鍮線接続に変更。


本体後部に3mm丸穴を開口しております。


膝関節部分にはHIQパーツのマグネットセッターを取り付け。


膝関節の丸穴部分の直径は約5mmですのでピタリと嵌まります。


膝関節の向きを百八十度回せばこのような姿勢も取れます。


足裏の肉抜き穴はポリパテで埋めました。


脛〜アンクルアーマーに亘り発生するモナカラインを消すために脛とアンクルアーマーを分離しそれぞれ合わせ目消しを終えた後セメントと真鍮線を用いてガッチリ固定させました。

という事で Gジェネレーション-F ビグザム完成報告でした。

一部合わせ目消しが困難な箇所があったりしますがプロポーションは極めて良好で特徴を良くとらえて SD 化されているキットだと思います。

私自身このようなキットが存在する事さえ知らず殆ど新製品的な扱いで製作しましたがそれもそのはず10年ぶりくらいの再販だったようです。

このテイストでアッザムやブラウブロ、グラブロ、ドロスあたり出ませんかね。このビグザムと共に再販されたエルメスはヨドバシなどの一般店舗では完売したようですが、ガンダムベース福岡にはまだ在庫がありますので興味ある方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください