タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


随分と間が空きましたがトップコート吹きを再開しました。


今回もトラブル多発でもう疲れました(苦笑)


久しぶりにまじまじと表面を見るとデカールがひび割れてるんですよ…

正直もうやり直す気力は全く残っていないのでこのまま騙し騙しコンパウンドで磨いていくしかないと思います。コンパウンドでデカールのクラックを消すことは出来ませんが。


久しぶりに見たら、パーツの継ぎ目もヒケてしまっていたり、想定外の傷がかなり目立っていたりと困った事になっています。がこちらももうリカバリする体力も気力も残っていないのでこのままいくしかないという判断をしました。


スリーポインテッドスターにも無慈悲にクラック。そして黒い二つの点。何回擦ってもこの黒点は消せずよくよく見つめてみるとこれは穴なのかも知れません。実物ではかなり目立ちます。


シワが入ったのかクラックが入ったのかわかりませんが、このゼッケン部分は特に残念です。


フロントグラスの直前にあるアンチグレア?を表現する水転写デカールもご多分に漏れずクラック。


側面も容赦無くクラック。


トップコート希釈し過ぎてシンナーに反応したのでしょうか。この段階で外見を損ねるトラブルがこうも多発すると精神的にかなり削られますwww


ただフォルムは美しいですから笑

圧倒的な造形美でございます。私はただ組んで塗っただけ。しかも失敗だらけという。


クラックも接合面の不手際どちらとももう本当に酷い。もっと基礎的な技術をしっかり身につけなければ。


昨年の10月2日に製作開始して今日でちょうど足掛け4ヶ月目となりました。

時間をかけた割には私の技量が及ばずクオリティは低水準となり、カーモデル製作の難しさを今回もたっぷり味わう展開となっております。

もう手に負えない箇所はそのまま受け入れて近日中の完成を目指す事で次に繋げたいと思います。


テールランプにもトップコートをたっぷり吹き付けておきました。


リアウィングもしかり。


とうもろこしのようなサイドミラーにもトップコートを吹き付け。

ということで今回は以上です。
今からコンパウンドをかけてその後完成に備えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください