タミヤ ウォーバードコレクション No.91
1/72 ロッキード マーチン
F-35B ライトニングII をつくる。


塗装出来そうなところから塗っていこうと思います。


それと並行して前にエアインテークの押し出しピン跡も処理しておきました。


後輪のモールドを彫り込んで造形にメリハリを持たせつつ塗装時綺麗にマスキング出来るようにしておきました。前輪のモールドはもやもやしていて彫り直せなかったのでマスキングで対応するつもりです。


いよいよ塗装に入ります。


胴体内部は黒サフを吹きました。
完成後思いもよらぬ角度から裏面が覗く事もありますので大事をとってしっかり塗っておきます。


まず黒サフを吹きました。


ガンメタルとフレームメタリック2でエンジン関連の塗装を行いました。


なかなか良い感じです。
この写真はかなり地味目に撮った写真で現物はもっと金属感がしっかり出ています。


ガンメタルとフレームメタリック2を使い分ける事で発色に違いを生み出し、単調な仕上がりにならないよう留意しました。


フレームメタリック2はバーチャロンカラーですが、私はスケールモデルにも頻繁に使っています。逆にバーチャロンのプラモを一度も作った事がないくらいです。山伏?だか烏天狗みたいなロボをいつか作ってみたいのですがね。ハセガワの再販を虎視眈々と狙っています。


F-35B にとってこの辺のパーツ類は見せ場なので良いアクセントなる事を祈るばかりです。

という事で今回は以上です。
今週中に完成させたいですがどうでしょうかギリギリ間に合うか来週明けあたりになるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください