ZVEZDA 1/350 ボレイ型原子力潜水艦
ユーリイ・ドルゴールキイ
&
クレオス ペイントトライ! 琉金をつくる。


先日入手したZVEZDAの潜水艦プラモ、今朝仕事前に早起きして組んでみる事にしました。3時起きです(笑)


全長50cm弱、パーツ数96ですが組み立て説明書は大変シンプルです。


作り易そうです。


なんて書いてるのかさっぱりわかりません(笑)検品印みたいなものでしょうか?異国情緒あります。


パーツはこんな感じ。多すぎず少なすぎずちょうど良い塩梅です。


デカール。もちろん水転写式です。




早速大まかな部分を組んでみました!


スクリューの類はまだ取り付けていませんがこの時点で約460mm。


艦首部分のモールドをBMCタガネで彫り直しました。マスキングして確実に塗り分けしたいと考えたためです。


こんな感じで赤と黒のツートンで塗り分けたいと思います。


並行して昨年誕生日プレゼントにいただいたこれも作っていきたいと思います!


生物関連はいまひとつ自信がなかったのですが昨年作った河童の河次郎で自信がついてきましたのでやってみる事にしました。


本キットには赤、白、金のアクリジョン塗料が付属します。


注意書きにも書かれていますがアクリジョンと水性ホビー塗料は混ぜることが出来ませんのでご注意ください。水性塗料系は私には色々難しいので私はいつも通りラッカー系塗料を用いて仕上げるつもりです。


内容物。
金魚をぶら下げる紐も付属します。


造形は大変素晴らしいです。
パーツ数はなんと1!組み立て不要ですwww随分長いことプラモをやってきましたがパーツ数1は初めてですね〜

一体成型ですが複雑な形状で造形されています。どうやって抜いてんですかね???すごいです。


今回私は完成後紐でぶら下げるのではなく台座に浮かせたいと思いましてエポパテを使って台座を作ってみたいと思います。そうそう、現在グレイズリッター等ガンプラも並行して製作中です。という事で色々とご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください