HGUC R・ジャジャ
HGBF R・ギャギャ(ガンダムフェイス)
HGIBO グレイズリッター等の進捗報告。

久しぶりにプラモ作りの情熱をガンプラに全振りして4体同時製作中です。結構体力を使います(笑)

まずは新製品のRジャジャ。
非常に美しい造形のキットでこの時点で完成としても良いんじゃないかという気もします。

造形が素晴らしいだけでなく可動範囲も(特に腹部が)斬新で高レベルでバランスが取れた良キットです。

続いてRギャギャ。

ガンダムフェイスにモヒカンという普段の私ならまず絶対やらないようなミキシングなのですが楽しくやってます。

仮組み時はちょっとバランス悪いかな?なんて思ったりした事もあったのですが、こうして色が着くと良い感じです。素手で拳法技を繰り出しそうですwww。

全部濃い色で纏めると何が何だかわからなくなりそうだったのでへの字マスク部分はシルバー系のカラーで塗ってみました。

肩のバインダーのヒンジ部分など塗り残し箇所がいくつかあったのでこれから塗装していきます。

武器・オプション類。

折角テカテカにしたのでこのままフィニッシュしたい気持ちも湧きますが敢えてマット仕上げにします。前回のナイチンゲールも非常に良い質感になったので今回もスーパースムースクリアーでシルクのような仕上がりを目指します。

キットのままだとつま先部分等に容赦無い肉抜き穴が発生しますのでポリパテで肉抜き部分を埋め、その後プラ板でディテールを追加。

二機分行いました。
この手の作業は結構面倒且つ難しいのであまりやりたく無いのですが頑張りました。

ウーンドウォートは指先の塗り分けを終えました。

一昨日くらいにここまできました。

地上戦仕様のグレイズも塗装が終わりました。

劇中カラーっぽいのは以前1/100でつくりましたので今回はやや青みの強い正義の見方風カラーで製作中です。

イメージとしてはマクギリス側についた地上戦仕様のグレイズがあったらこんなカラーリングなのかな?的なイメージで作っています。リッターをベースに地上戦オプションを取り付けていますので上腕装甲や胸部パーツ等、通常のグレイズとは形状が異なりますので厳密にはオリジナル仕様となります。

という事で今回は以上です。
ここから水転写デカール貼りです。今週中にあらかた完成報告出来ればと思います。という事でご期待ください。

This entry was posted in HGBF_Rギャギャ, HGIBO_グレイズ, HGIBO_グレイズリッター, HGUC_R・ジャジャ, HGUC_ウーンドウォート. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*