バンダイ ガシャポン
EXCEED MODEL ザクヘッドをつくる。


先ほど投稿したポルシェトラクター進捗記事に引き続き、本日は二本立てと致しました。いろいろ立て込んでますのでね、ぶっ込めるひに複数軒ぶっ込んでおこうという算段です。


ブルーのキャンディ塗装で仕上げようと思い黒サフ → アルティメットブラック → EXシルバーの順で塗装したのですがこの銀色の金属感が非常に良い塩梅に決まったのでこの状態で一度投稿しておこうという運びになりました。


銀色のザクというのも普段なかなかお目にかかりませんので、


こういう塗装をするとモビルスーツというよりバイクのエンジンみたいな雰囲気が溢れてきます。


五年に一回くらいの周期でバイクのプラモやりたくなるんですよね、大抵途中で挫折するんですが今年こそ何か完成させてみたいものです。


完成後殆ど見えない位置に来るみたいですが後頭部のゲート跡も処理しておきました。


点灯させてみました。
レンズと目が合うととんでもない光量です。


頭部のカバーが浮いてしまっていますがそれでも非常にカッコ良いです。


動力パイプはパーティングラインが豪快に走っていますのでしっかり処理しておくと完成時の満足感が半端ないです。


また目があってしまいました。かなり眩しいです。


という事で今回は以上です。
このまま完成させても良いんじゃないかというくらいカッコ良いです。

どうしましょうかね、ここからクリアーブルーを吹き付けるのが非常に惜しい気がします。少し考えてからどうするか決めようと思います。

並行して緑ザクも塗装していっておりますのでどちらも近日中に完成する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください