今月買ったプラモ報告および
ウクライナ ICM社 1/72
“THE GHOST OF KYIV”について。


本日もビッグキット購入しました。


まず震電。
念願の再販です。店頭で店長の方?とお話しする機会があればいつも「震電いつ再販すんですか?再販すんですか?再販すんですか?」と聞いていたほど私が恋焦がれていたプラモです。とうとう買っちまいました。8,580円(税込)!!!!!!!!!!


博多のモデラーならば一度は作ってみたいと思うプラモです。
私はこれを本日購入し自宅まで歩いて持って帰ったらすぐに興奮冷めやらぬまま板付空港もとい福岡空港の滑走路に向かって走り出しました。


ど迫力のフルインテリアキットであります。


箱を開けると気後れしてしまいそうなほどビッチリ詰まったパーツ群が現れます。

ですがパーツ数は252点。正直500くらい行ってるかと思っていたので少し気持ちが軽くなりました(笑)


まだ開封していませんが組立説明書は表紙からして誠にイケてます。機密文書風デザイン。「昭和二十年九月 株式会社造形村」雰囲気全開となっております。


大戦機なんで水転写デカールもシンプルでホッとしました。ファントムとか見るだけで死にそうになりますからね(笑)まだコックピットさえ完成していないのでそろそろ手を動かさないと。


ということでこちらも購入。

これも念願の立体化ですね。
F-4EJ改 に乗せられる自衛隊フィギュアが欲しいとずっと店長さん?にリクエストしていたので本当に嬉しいです。


そして先日の再販でこちらも懲りずに購入です(笑)
私は死ぬまでにいったい何機の震電をつくるのだろうか。

ヨドバシ博多1Fの受け取りカウンターで購入するのがすっかり習慣となってしまいました。税込で1340円くらいで書いました。

2022年5月14日現在Amazonだと更に安いです。下に広告を貼っておきましたので是非お求めください。凸モールドですがとても良いキットです。


こんな感じで昨年葉書をボークスからいただいていたんですよね。


ここ数年プラモ製作のペースがガクッと落ちて、そこから更に昨年は引退しようかとさえ考えるほど意欲がなくなりつつあったこともあってすっかりプラモ屋自体に行かなくなってしまい、あれだけ再販してくれ再販してくれとほざいていたのに結局このタイミングでようやく購入という形となりました。

私は造形村のプラモをまだ一度も完成させていないのでまずは今回入手した 1/32 震電をバシッと仕上げて自信を付けたいと思います。ちょうど良い頃合いで0.3ミリダブルアクションのハンドピースもオーバーホールを済ませて帰ってくるはずですし。


そして本日ボークス福岡SRでこちらを予約してきました。

ウクライナのプラモメーカーICM社「THE GHOST OF KYIV」現在「SOON ON SALE」となっております。私としては無事に生産されシッピングされることを固く信じておる次第であります。

箱には本キットの資金調達で得た金額の半分をウクライナ軍に寄付すると明記されています。

いろいろな支援の方法があると思いますが、今必要なのは綺麗事でもなく、祈りでもなく、願いでもなく、ましてや千羽鶴でもない、今必要なのは軍事力でウクライナを補強する事だと思います。

医薬品や食料もロジスティクスを保護する力がなければ必要な人たちに何も届きませんから。私はICM社の決断を全面的に支持します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください