クレオスのハンドピースを修理に出す。


ついにPS289を修理に出す決心が付きました。

昨年の途中から0.5ミリ径のシングルアクションハンドピース一本勝負という状態が続いています。

シングルアクションはサフ吹きやトップコート吹き等の作業では絶大な威力を発揮しますが、グラデーションやシャドウ吹きはかなり苦手です。

しかも私が所有しているシングルアクションは0.5ミリ径なので塗料のロスが大き過ぎるのです。

たまに0.3ミリが動く時があったのですが、なかなか動作が安定しなかった事と、Oリング関連の問題なため私の方ではもうどうしようもないのでここはプロにお金を払ってお願いすることにしました。

続きを読む

HGUC No.151 MS-06R-1A ザクIIをつくる。


本体の塗装に入る前にまずは調色に励みました。
私以外のモデラーの方々もそうだと思いますが、緑ザクの色はいつも悩みます。

市販の塗料だと基本的に私の好みより遥かに濃いので明度を上げていくわけですが、白を使うか白っぽい別の塗料を使うかでも見え方が全然変わってきますので誠に奥が深いです。

今回 HGUC No.151 の06Rザクだけでなく、REVIVEザクとF2も同時に作っていきますので塗料は多めに作っておく必要があります。

調色すると世界にひとつだけの色を自作した、という事になりますが、逆を言えば「途中で切れたら終わり」ですからね…ちょっと余裕を見て用意しておいた方が無難です。

濃い緑は以前フルメカ 1/100 グシオンを作った時に調色したもの、明るい緑はあれこれ混ぜ込んで作りました。こちらは結構な量の塗料を犠牲にしてなんとかこの発色にたどり着きました。

まぁ余った分も他のジオン系メカを塗る時に使えると思いますから取っておくわけですが。

続きを読む

HGUC ザクF2 をつくる。


HGUC ザクF2を作っていきます。
当ブログでは完全に「神格化」されたキットです。私は何度も「最高のガンプラ」と明言してきましたし今日においてもやはりそうです。

2010年2月にジオン仕様、その翌月2020年3月に連邦仕様がリリースされ今から悠に12年以上経過し、その間「ザク」と名のつくキットがそれこそ山のようにリリースされてきたものの、プロポーションの美しさ、パーツ構成等どれをとってもこのキットを超えるものはありません。

せいぜい可動範囲くらいでしかこのキットに対してアドバンテージを示す事が出来ていないのです。

ちなみにこの写真は2012年に製作したもので、なんと簡単フィニッシュです。まぁバーニア等の小さな箇所は塗装しましたが。

完璧すぎてやる事ないんですよね。
それほどまでに非の打ちどころがキットです。もしまた店頭で見かける事があれば(がっつきはしませんが)私は迷わず買います。

日頃私はガンプラを作る度に、特に234ザクのような「いわく付き」のキットを作る度にああだこうだと批判を書き連ねてきましたが、私の目が超えたのは間違いなくこのキットによるところが大きいと思います(笑)

それほどまでに私のプラモ人生に大きな影響を与えたガンプラです。

当時私このキットを12体買いましたからねwww

発売日というか入荷日にヨドバシカメラに行ったら完売していたんですよ。今でこそガンプラ飢饉ですが、当時としては誠に異例のヒットだったのです。

その後仕事の合間にガンプラを置いてそうな商店を片っ端から回ってひと箱、またひと箱と積み上げて行った記憶が蘇ります。今から12年も前の事です。

続きを読む

HGUC No.241 ザクII をつくる。


HGUC No.241 ザクIIを作っていきたいと思います。

箱絵が誠にイケてます。
まさに総力戦といったオールスターな顔ぶれとなっております。

背景に描かれた左手でマシンガンを構えるザクI、これを再現出来るようなキットが欲しいですね。旧型ザクもそろそろREVIVE版が欲しいものです。背後にいるジオングは明らかにRG 準拠でこれまたカッコ良いです。私も今年こそ製作開始したいと思います。

2020年のNo.234シャア専用ザクを作る時に酷評に次ぐ酷評を私は書き連ねました。素晴らしい箇所を台無しにしてしまいかねないほど「????」な謎仕様が共存していて個人的には厳し目な評価をせざるを得ないキットです。

スパイクアーマーの可動範囲の窮屈さとその構造、あとなんと言っても前腕ですね。他にもまっすぐ持てないザクマシンガン等々あれこれ言いたい事があるんですが前腕の酷さだけでお腹いっぱいになってしまいます。10年以上前にでたザクF2から退化しているどころか悪化しているとさえ言える代物で、何考えてこんな設計したんだ?と私は言いたくなります。俺のザクを汚しやがってと言いたいくなるような面があるのです。

ただ、今回でこのキットリデコ元を含めれば実質4度目の製作ですから私から見て問題点であると思える箇所を先手を打って潰していくことが今回は出来ますし、プロポーションは腕部以外かなり好みの形状なので楽しく作っていけると思います。ほんとは量産したかったんですがね、数を抑える事が出来ず一箱だけの入手です。ご時世ですからね。

続きを読む

HGUC No.151 MS-06R-1A ザクIIをつくる。


細々した作業をやっていきます。
ザク系キットではどうても合わせ目消しや各種細工が必要な場面が多数発生しがちです。

まぁ商事なところ結構かったるいわけですが、この辺をしっかりこなす事で完成時の仕上がりに大きな差が出ますのでやらないわけにはいきません。

という事でまずはシールドに武器を纏めて懸架出来るウエポンラッチに関する工作を行います。

キットのままでは写真の通り、シールドに派手に干渉しますので塗装や水転写デカールを貼る場合は完成後のダメージが非常に気になるところです。この懸念を解消したいと思います。

続きを読む

HGUC No.151 MS-06R-1A ザクIIをつくる。


今回は HGUC 151番MS-06R-1A「黒い三連星ザク」を作っています。

まずこの箱絵がたまりませんね。
2013年の2月、寒い中発売当時自転車でヨドバシカメラまで買いに行きました。今じゃ考えられない事ですがその場で四箱買いました。ひとつ1200円台で売られていたと記憶しています。

当ブログでは2013年に3体同時製作で黒い三連星の機体として製作しています。

リデコキットのジョニー・ライデン機、シン・マツナガ機もそれぞれ製作しておりますので今回は緑色で仕上げたいと考え、情報の混乱を避けるため、「黒い三連星ザク」という本来の商品名を敢えて使用せず、「HGUC 151番 MS-06R-1A ザクII」という名称で製作記事を投稿していきたいと思います。

続きを読む

BANDAI SPIRITS HG 境界戦機 1/72 ブレイディハウンド をつくる。


久しぶりに境界戦機のプラモを作ってみたいと思います。
一昨日注文しようとヨドバシドットコムを見たら、まさかの売り切れ。

店頭では棚の守護神どころか百地蔵状態だったキットだったので安心し切っていたらいざという時頼めませんでした(笑)

ということでAmazonで一昨日1700円で購入。
本当は1709円だったのですがポイントで端数切り捨てました。

しかし先ほどAmazonで本キットのバナーを貼り付けていたら更に安くなっていて現在1,480(税込)です。今がまさに買い時なんじゃないでしょうか。

※ヨドバシドットコムも現在在庫が復活しています。

続きを読む