HGUC ジム・カスタム 完成報告。


HGUC ジム・カスタム完成しました。


こういった所謂普通のガンプラ、 HGUC のキットを作るのは随分久しぶりな気がします。

正直なところ私のような競争力の無い人間、ガンプラを入手する「努力」(笑)とやらが出来ない人間としては HGUC ジム・カスタムあたりはもう一生手に入れる機会がないかも知れないとさえ思っていましたから


さあ行ってみましょうか、
プロポーションは全くいじっていませんが誠に美しいフォルムとなっております。


手首なんかも穴の空いていない素晴らしい造形の握り拳が左右分付属しています。


まさに「HG = ハイグレード」です。


水転写デカールもモールド追加もキットの美しさを殺さないよう留意しながら情報量を増やす事に専念しました。


後頭部アンテナとビームサーベル柄から生えるピンは0.5ミリ真鍮線に置換。


人間でいうところの鎖骨があるような箇所にもBMCタガネでモールド追加。


股間ブロック側面にあった丸モールドは造形が曖昧だったので根本から刮ぎ落としてエッチングパーツに置換。


上腕、前腕等にもBMCタガネを用いてモールド追加。


足裏は見事な造形とパーツ構成となっております。
まさに「HG = ハイグレード」です。

本キットの素晴らしさに敬意を表紙つつしっかり塗り分けました。

また、バーニア内部にはコトブキヤの丸モールドを組み込み。


バックパック上部のノズル内部もコトブキヤの丸モールドを組み込み。


アンテナのシャープ化、丸ノズル内部のパーツを複合化、これだけで一気にガンプラのスケール感や密度感がアップします。


銃とシールドを装備させてみました。


銃持ち手はテコの原理でばらけやすいので私は接着しました。


マガジンが下向きで位置もアレなのでどうしても前腕に干渉してしまいます。

キットの弱点というよりももともとのデザイン上の欠陥だと私は思います。

見た目が多少悪くなってもGMコマンドのマシンガンみたいにマガジンが銃の上に生えていたら上腕と干渉せずに済んだ筈なのでそっちの方が良かったと思います。


バイザー内部にハセガワのミラーフィニッシュを貼り付けて光をしっかり反射するようにしました。

額と後頭部のセンサーはキット付属のテトロンシールの上にラピーテープ(緑)を貼り付けました。


銃口にエフェクトパーツを取り付ける事が出来るようにしてみました。

忍パルスビームズを使っています。


股間にあるスタンド穴は長方形のものですのでそのままでは魂STAGE等3ミリ丸棒接続出来ません。


という事でアクションベース2に付属するアタッチメントを少し改造して3ミリ接続に変換出来るようにしました。


根元に稼働軸がある左平手が付属するのですが、そのまま使うとBJ部分のテンションがタイトで破損リスクが高そうだったので敢えてスポスポ気味にユルく調整しておきました。


実際この手首を使うときは銃に接触している場面が大多数だと思いますので保持力を弱めておく事で破損を回避しておこうという算段です。


足裏、バックパック上部はもちろん、お尻にある二連バーニアも内部にお助けパーツを取り付けて情報量アップ。


平手は握り拳同様左右分付属。


ビームサーベル刃はMSエフェクト01を使用。
好みでクリアーブルーのグラデーション塗装を行いました。


武器持ち手は右手分しか付属しないのでライフルとサーベルの両手持ちは不可。


強いて言えば本キット唯一の弱点といったところでしょうかね。


本体及び付属品一式。


ということで HGUC ジム・カスタム完成報告でした。

随分久しぶりにこのようなスタンダードなMSのキットを制作しました。調色も工作も良い感じに決まり個人的に大満足の仕上がりとなりました。

しっかり楽しましていただきましたのでこちらもヤフオクに出品したいと思います。

今回もヤフオクに出品致しました。何卒宜しくお願い申し上げます。

出品後本ページで告知します。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください