HGUC GUNDAM SIDE-F限定 ジェガン(アクシズショックイメージカラー)をつくる。


今夜も HGUC ジェガンやってみましょうか、アクシズジェガンです。

ド迫力の箱絵が見事です。A1ポスターで欲しいくらいです。文字通り最高にアツいです。


昨日組んだキットの整形色替えみたいなもんですから、記憶が鮮明なうちに組んでしまえますのでランナーから全てのパーツを切り離してから組み立てました。


右がアクシズジェガン。


この成型色もなかなか良いものです。


整形色以外は通常の HGUC ジェガンと同じ構造。


見慣れてくるとこのプロポーション完璧に見えてきました。


細かいパーツは一部取り付けておりません。塗装後組み込みます。


昨晩腹部で2ミリ縦方向に延長したい旨を申し上げましたが、それをやると腹が不自然に細くなりすぎてちょっとおかしくなるんじゃないか、と考えを改めました。


ということでプロポーションは弄らずこのバランスで行こうと思います。

二体目を組んでまじまじと観察し直すとどう見てもこの体型が至高だと、ジェガンらしいシルエットだと思います。

となると問題は肩の合わせ目ですかね、これをなんとかスマートに解決したいものです。

あと塗装ですが、ユウカジマ機を通常のジェガンとして製作します。

そして今回仮組みしたアクシズジェガンを「みんなが欲しかったであろう」青いジェガンとして製作したいと思います。

肩の処理以外イメトレはばっちりですのでしっかり手を動かして迅速に完成させたいものです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください