MG ドム 完成報告。


完成しました。


すっかりガンプラ手に入り難くなりましたし、そもそもこのMGに至ってはコロナ禍以降のが「ガンプラ飢饉」以前から人気キットで再販されてもあっという間に売り切れというケースはざらにあったので、今後私が入手出来る可能性は低いと思います。そういった意味では我が人生最後のMGドムかも知れません。もう何度も作ってきたので個人的にも今回で満足しようと思っています。


なんかいつもと同じことしてもつまらんなと思い、水転写デカールをペタペタ過剰に貼ることもせず、BMCタガネでモールド彫りたくるような真似もせず、余っていたヘックス迷彩マスクシートを使って塗り直してみました。


赤を塗ってその上にマスクシートを貼り、更にその上に調色したドムパープルを吹き付け。


剥がすとこんな感じ。
内部フレームの赤いパーツの存在を暗示させたかったのです。


ジャイアントバズのスコープ部分はクリアーレッドを塗装。タミヤのラッカー系塗料を使用しました。


内部に丸めたアルミホイルを仕込むことで光をよく拾うようになります。


で完成。


久しぶりに作りましたけれど、思った以上にクラシカルなスタイルで個人的には完璧な出立ちだと思います。


足を開けるように太ももBJ接続部分に干渉する外装やフレームはごっそり削り落としましたんで力強く足を開いて立たせる事が出来ます。


コックピットハッチの奥には、


パイロットロットが座っていますが、中はあまり見えません。


立像パイロットも付属。


キットのままだと自立性にかけますのでプラペーパーを打ち抜いたものを台座として接着しておきました。


塗装雑でもうしわけない(笑)
実物はめちゃめちゃ小さいんでね、あんまり気になりません。


胸部拡散ビーム砲はディテールアップし目眩しどころじゃない威力を想起させるよう破壊力マシマシな外見にしておきました。


ジャイアントバズ。
久しぶりに持たせてみましたがこんなに持たせ難かったっけ?というレベルでもたせづらいですがなんとか持たせてぱしゃり。


モノアイは毎度のごとく手芸用ガラスパーツに置換。直径も好みで小さめに。確か4ミリ径だったと思います。


付属の弾頭とMSエフェクト01を使って方向に取り付ける事ができるようにしておきました。着脱はネオジム磁石です。


ヒート剣。


ラケーテンバズ。
こいつが更に持たせ辛いですwww
見た目は良いんですがね…


こちらも先ほど紹介したエフェクトを取り付ける事が出来るようにしておきました。


センサー部分にガラスパーツを嵌め込んだりしたんですが全く目立たん。。。


シュツルムファウストは二本付属。


MMP-なんとかでしたっけね?かっこ良いです。


本キットに付属する武器の中ではこれが一番お気に入りです。なんせ持たせやすいですから(笑)


腰側面にある紫の箱?みたいなやつを取り外すと、


予備弾倉等あれこれ懸架出来ます。


こんな調子でシュツルムファウストを懸架したり、


MMPを取り付ける事も出来ます。


オマケでチェーンソーを持たせてみました。コトブキヤのものです。


プラ製故精度に限界があるのか、私の組み付けが悪かったのか、ゼンマイ仕掛けの刃が動いたり動かなかったりします。


キット付属の専用武器さえ持ち難いくらいなのでこのチェーンソーはいよいよハンドリングに苦労します。


今回私は使いませんでしたがモノアイカバーが付属します。


あとこれ。


シュツルムファウストの弾頭を取り付ける事が出来ます。


バズーカ、二門とも造形はカッコ良いのですが、兎に角持たせ辛いのでストレスがありました。あと合わせ目がかなり豪快なのでその辺の処理も難儀すると思います。


本体及び付属品一式。


ということでMGドム完成報告でした。

あとでヤフオクに出品するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください