タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


遂にここまできました。
とは言えこんなペースで年内に完成するんでしょうか非常に心配ですが(笑)


昨日申し上げました通り埃を除去しては再塗装という工程の連続となりますが私にはかなり面倒でした。


埃を除去したつもりがその際にスポンジやすり等で他の面の塗装を削ってしまったりと悪戦苦闘が続きました。


スポンジヤスリや耐水ペーパー、コンパウンド等あれこれ試行錯誤して埃を除去してみました。

写真では昨日とやってる事変わんねえじゃねえか、ちゃんと手動かしたんか???と言われそうですが笑今日はこれだけで何時間も費やしました。もう頭おかしくなりそうですよwww


何度も何度もやり直してようやくここまできました。


カーモデラー専門の方々からすれば日常業務なのかも知れませんが私にはかなり過酷な道のりでした。

今年はダブルアクションのハンドピースが壊れて飛行機の細吹き表現が殆ど出来ない場面が多かった事もあり引き出しの中で5年近く眠っていた0.5ミリシングルアクションで勝負しなければならない状況が出てきたためカーモデルのウェイトを増やしてみたのですが、私には難しいですね。

カーモデルはなんとしても上手くなりたいので今後もやり続けたいと思いますがその道は相当長く険しいものとなりそうです。


個人的には全く気にならいレベルで埃を皆殺しにしてやりました。ここで完成としたいくらいです笑


背中に赤みのかかった箇所がありますがこれは隣室の照明が反射したものです。


それに気づかずパシャパシャ撮影しました。
まあこれはこれで夕陽を浴びたみたいでちょっと情緒がありますが。


この写真が実物に近いです。
シルバーアローな佇まいとなっております。

なんて美しい車なんだ。
見惚れてしまいます。


折角黒く塗っておいた箇所を昨日銀で塗りつぶしてしまいましたのでEXシルバー完全乾燥後マスクして黒サフを吹きます。

戦闘機で言うところのアンチグレアみたいなもんなんですかね?勉強不足ですみませんがここはしっかり黒くしておく必要がある事は私にもわかります。


今年苦戦しながら完成させたシティターボⅡとサンバー。

今回の ザウバー C9 製作時に読者の方からご教示いただいた知見を投入していればもっとちゃんとした仕上がりになったのにと悔やまれますが、こうやって場数を少しずつでも着実に積み上げていこうと思います。

これの他に今年はレベルのポルシェジュニオールトラクターも作りましたがこちらは表面積が小さかったおかげか比較的埃が目立たなかったのです。


技術や知識や根性が未熟で当時達成出来なかった箇所が多分にあるとは言え宝物であることには変わりませんがね。と言いつつも完成後埃がだいぶ付着しているので年末掃除しておこうと思います。


随分長いこと製作してきた ザウバー C9 ですが、いよいよ水転写デカール貼りとなります。

実寸ではないですが非常にわかりやすいものとなっております。

なんとかして年内完成させたいものです。
この他にエルメスとアオシマS30は間違いなく完成させる事が出来る段階まできています。

ザウバー C9 に時間を使い過ぎてアメインゴーストが年内完成が微妙となってきました。素組みだったらとっくの昔に完成していたのですがダンバイン化している最中でもう少し時間が必要です。

まぁギリギリまで目標達成を目指したいと思います。という事で今回は以上です。

2 thoughts to “タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。”

  1. 連投すみません。
    4面図の掲載ありがとうございました。
    私もこのモデルを購入させて頂きます。
    ありがとうございました。

    フリントボディのつなぎ目ですが、
    試行錯誤された結果、とてもカッコ良く仕上がっていると思います。
    凄いです。私も挑戦してみたくなりました。

    1. 栗原様

      返信が遅くなり失礼致しました。

      お役に立てて光栄で御座います。
      私が無様に悪戦苦闘している状況を晒してきたかいがあります(笑)

      私はカーモデルも車も共に知識も技術も全く足りていませんが、このキットは中身が非常に豪華で価格以上の内容になっていると思います。

      このザウバーC9、マルティニポルシェ911RSRターボ、BMW2002等は私が小学生の時分、鉛筆や筆箱等にイラストが描かれていたりして憧れのマシンだったものですから童心に帰って楽しませていただいております。

      今後ともご笑覧いただけましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください