タミヤ ウォーバードコレクション No.91
1/72 ロッキード マーチン
F-35B ライトニングII をつくる。


随分長いことやっておりますのでそろそろ完成させたいものです。


本キットは非常に良く出来たプラモでして、パイロン等細々したパーツ類が収録されているランナーはそのまま塗ってくださいと言わんばかりゲート位置が考え抜かれております。


レーダーリフレクターはゲート位置の都合上、切り離して個別に整形してから塗装します。

本体塗装前に予め取り付けて置くというのも手なのでしょうが、デカール貼りの際その突起が邪魔になることを恐れて後付けすることにしたのです。


小さいパーツですのでこんな感じで割り箸 + 両面テープに取り付けて塗装していきました。


車輪は随分前にホイール部分まで塗装しておきましたので、


こんな調子でマスキングして、


黒サフを吹き付け、


塗り分け。
前輪のマスクは形状的にマスキングテープで綺麗に囲うのは困難であるためマスキングパテを用いました。


ウェポンベイ裏面に取り付けるヒンジ類が収録されたランナーは並行して作っている零式の白塗装と同じタイミングで着手します。ですから明日ですかね。


台座の側面と裏面にも黒サフを吹き付け。
イタレリが作った成型品もタミヤが追加で用意した水転写デカールも非常にハイレベルな内容で大変作り易いキットではありますが、題材そのものが複雑で情報量が多い機体であるため、私の能力ではどうしても時間がかかってしまいます。

冒頭にも書きましたがそろそろ完成させたいものです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください