旧キット 1/100 旧型ザクをつくる。


プロポーション変更してしまった故に面倒な作業が発生している胴体の処理を先に終わらせたいと思います。


昨日貼った1ミリプラ板を大まかな形でカットします。


切りすぎると補修が厄介になりますので、理想とする形状より少し大きめにプラ板を残しておく事が肝要です。


一部豪快な隙間が出てしまいました。こういう時は、


任意の形状にカットしたプラペーパーをスペーサーとして使います。
二枚ぶっ差し瞬着で固めました。


やすりがけして形を整えていきます。


プラ板とキットのパーツとの間にどうしても隙間が出来ますので、


ラッカーパテを隙間に擦り込むように塗り付け。


換装したらどうせヒケますので一回目で完璧を目指さず薄く塗っては盛り直すくらいの気持ちで焦らずやるしかありません。


頭部モノアイレール別パーツ化は今日も進捗ゼロ。
手持ちのジャンクパーツでちょうど使えそうなものがないかあれこれ弄っているのですがなかなか突破口は見えません。

ここのところすっかり制作ペースが落ちてしまいましたがなんとか完成させたいものです。ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください