BANDAI SPIRITS HG 境界戦機 1/72 V-33 ストークキャリー をつくる。


塗装開始しました。
完成後ブレイディハウンドを懸架しますからそれを念頭に置いてカラースキームを構築したいところです。


想像以上にパーツ数は少ないのですがパーツ構成が優秀で主翼以外合わせ目消しが必要な箇所は皆無です。


サフ吹き後。


少ないパーツ数ながら大味になるような事もありません。


念のため主要なパネルラインは彫り直しておきましたが元々明瞭なものが彫られています。


機体そのもののシルエットも素晴らしいですがパネルラインのパターンも密度感を高める事に一役買っています。


ブレイディハウンドが結構カラフルな配色となりましたのでストークキャリー は逆にシンプルな配色にした方がメリハリが出るのかもしれません。


とは言ってもせっかくなんでなにか面白いことやれないかとあれこれ考えてしまったりもします。


ここ2日配色が固まらずなかなか先に進めませんでした。


米軍機関連の水転写デカールが大量に余っているので有効活用したいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください