1/100 ビームサーベル柄を自作する。


個人的に長年の課題であったビームサーベルの柄、これがいつも不足していたのですがよくよく考えてみると、自作すれば良いと気づき今回試しに一本作ってみました。結論から言うと私的にはかなり満足出来るものが出来上がりました。


先日RE/100のヤクト・ドーガ用に銅パイプを買ってきました。
ホームセンターなどで1m長700円台くらいで手に入ります。

外径約5ミリ内径約4ミリ?のものです。
Amazon広告を貼っておこうかと思ったのですが、諸元が不明だったり異常に高額だったりしましたので貼りませんでした。

当ブログで度々登場するABSパイプと共にホームセンターなどで安価で手に入りますので気になった方はそちらでご購入ください。


これですね。
フォアグリップのグリップエンドに昨晩取り付けたものです。

この方法を応用すればビームサーベルの柄を自作する事が出来るのではないか?と先ほど思いついたのです。


今回投稿する内容が既知の技術であったら申し訳ありません、ただただ私の周回遅れな再発見という事になります。


これが銅パイプ。
1mという長さでありながら700円台で購入しました。非常にお得です。


カットしました。
金属パイプ等をカットする時私はダイソーのパイプカッターを使用しています。500円くらいで買えるはずです。


そこに4ミリ径のプラ棒を差し込みます。
こちらはウェーブ社のパイプカッターでカット。

樹脂と金属それぞれ別のパイプカッターを使用した方が良いと思います。

あと銅パイプをカットした際に切り口が内側にどうしても向いてしまいがちですのでその際は挿入するプラ棒と同径のドリルでほじっておけばするりと入ります。


グリップエンド側に筋彫りを追加。
更にそれらしくなってきました。


こんな感じでグリップエンドに0.5ミリ真鍮線を刺せばたちどころんにカトキ風に⁈なります。


サーベルエフェクトを取り付け。


おおおおおおお非常に良い感じです。


今回はエモーションマニピュレーターにフィットさせたかったので 1/100 スケールという事になるかと思います。

ですから同パイプとそれに挿入するプラ棒の寸法を下げれば 1/144 にも対応できると思いますのでまた時間が出来たら改めてトライしたいと思います。


BANDAI SPIRITS怒涛の大量再販のおかげ、そして他のモデラーの方々には私が想定したほどの需要がないのか再販後数ヶ月経っても潤沢に店頭在庫がぶら下がっておりましたのでちょこちょこ買い足していたら途方もない量になりました。

未開封のものだけで11袋。
部分的にパーツ取りしたものを合わせれば20袋前後あると思います。

昔はサーベル刃がすぐなくなってしまっていたのですが、コロナ禍以降ガンプラの入手難度が上がって現在MSエフェクト01が我が家には大量にありまして、逆にMAやコアブースターやスケモ等にも応用出来る噴射エフェクトの方が不足気味なくらいで人生というのは何が起こるかわからんものです。

今年は80個以上プラモを購入し、都度都度購入報告して参りました通りその殆どがガンプラという陣容となっておりますのでこの在庫も出し惜しみせずどんどん投入していきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください