HGIBO ジークルーネをつくる。


ジークルーネちゃん滑り込みで年内完成となりました。


ぱち組み時にもお話ししましたがどことなく女性的なすらりとした凛々しさが漂うキットでしたが配色の変更やエッジのシャープ化など行いいくらか漢らしい佇まいに仕上がったかと思います。私自身がおじさんなもんでね、すみませんね。


ぱち組み時から書いてきましたが私は大変気に入っておりましてプラモとして特に問題はないどころか金額を考えれば充分パーフェクトな内容で特に手を入れる箇所もありませんのでエッジのシャープ化を行ったりゲート処理を行った程度で完全に素組みで仕上げたと言えます。


鎧の騎士みたいな姿なんでコーションマークなんて似合わないだろうな、なんて思っていましたがいざ貼ってみたらめちゃくちゃカッコ良いです。美人は何着ても似合います。


バイザー?部分は塗り分けて表現。
今回も蛍光塗料を表面に塗装しています。黒下地の上にEXシルバー、そしてガイアの蛍光ブルーです。


大きさ比較。
すらりとした印象ですが意外にガッチリしています。背も高め。


さ、お楽しみのUVタイム!!!


ぴかーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!


グレイズみたいにぱかりと開いて単眼が!


こちらはガイアのエナメル蛍光レッドを使用。


今年は蛍光塗料で楽しめました。
来年もバンバン投入していくつもりです。


本体及び付属品一式。


という事で HGIBO ジークルーネ完成報告でした。

おじさん好みに色々いじってやろうと製作前は思っていましたが、キットの出来が兎に角完璧なので特に改造する箇所などはありません(笑)やることないのよまじで。

出来が良すぎておじさんの出番が全くありませんでしたが、それ故に誰が作っても相当なクオリティで完成するということです。超超超オススメキットです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください