HG 1/144 νガンダム用 ブースターベッドをつくる。


RE/100ヤクト・ドーガと一緒に塗装して行っているブースターベッドが一足お先にある程度塗り終わりました。

パーツ数が少ないキットなのでこういう時有利です。


まずは白サフ吹いてEXホワイト吹いて任意のパネルをマスク。


マスクしている時に一部塗装がベリッとサフ後と剥がれてしまい、先日の理系剤残留事件を思い出し肝を冷やしたのですがどうもマスク時の圧が強過ぎたか私の爪がカットしたばかりだったかのせいでハゲたみたいです。

他のパーツもあちこちマスクしまくりましたがカットしたての爪がガリッと当たってしまった箇所以外は基本的に全く剥がれませんでしたので最小限のリカバリで済みました。


頑張って塗り分けました。


あとブースターベッド胴体はバスタブ状の大きなパーツがあるのですが、ここは完成後も非常に目立ちますので黒サフをしっかり吹き付けて奥行き感を出しておきましょう。


ここを黒く塗っておく事で印象がかなり変わります。


これが、


こうなりますからね。


まだスミ入れ等はしていませんので


スミが入るとかなり引き締まったものになるのではないかと期待しています。


それにしても本キットをぱち組み報告したのが6月20日であったという事実に驚愕しております。

あっという間に四ヶ月経ってしまいました。
このロスをなんとか取り戻していつものペースに戻したいものです。


という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください