HGUC GUNDAM SIDE-F限定 ジェガン(ユウ・カジマ専用機)をつくる。


完成後ポッキリいきそうな箇所は、


先手を打って先にポッキリやっておきます。


0.5ミリ真鍮線を打ち込み、


補強完了。
敢えて真鍮線を少し露出させておきました。精悍な見た目になると思います。


連邦系 HGUC でありがちな銃持ち手のピン接続ですが、


ここも何気に破損し易い箇所なので先手を打っておきます。


ドリルで受け側の丸穴を少し広げておくのです。1.5ミリドリルを使用しました。


最近ウェーブのマイクロチゼルを導入してみたのですが良いですねこれは。


ディランザとこのジェガンではBMCタガネもスジ彫りカーバイトも使わずマイクロチゼルでどこまでやれるか試していっています。マイクロチゼルに関しては近く別途記事にしたいと考えております。


あとサイドアーマーも勘合調整した方が良いと思います。左右ともキットのままだとかなりタイトなので塗装剥げリスクがかなり高いのです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください