HGUC ペイルライダー をつくる。


本日2件目の投稿となります。
この手の記事は完成報告前に投稿しないと意味ないですからね。

当初の予定より完成が遅れていますがぼちぼち完成が見えてきました。


ピンボケ写真で恐縮ですが、武器持ち手として使用するつもりだった右手首のBJの径を間違えていました。小径のものを使用していたので腕部に接続出来ませんでした。


慌ててBJを付け替え。
もう何年も前に組んでいたストックから持ってきたのですが私が仮組みを怠ったためこの段階で気づきました。


該当箇所をセメント溶着していたため、簡単に取り替え出来ず彫刻刀で削り込んで整形後なんとか嵌りました。


BJ部分に塗料が回っていなかったり新たに取り付けたBJは当然ながら無塗装なので武器持ち手首は再塗装。グシオンの塗り損ねたパーツも一緒に塗装していきます。


あと昨日仮組みした際に気になった胸部コックピットハッチの発色が元気がなかったので再塗装。

ビームサーベルは鞘?に取り付ける際接触する部分が意外とタイトだったため塗装ハゲ事故が起きたのでここも再塗装。


塗装派げが起きた箇所には400番の耐水ペーパーで表面を粗して塗料の食いつきを良くしておきました。


シールドも一体整形されている箇所を塗り分ける事にしました。

シールドから生える二本の爪も先端部分を塗り分けて質感を高める事にします。


こんな感じで塗り分け。
やっぱり良いですね。情報量も質感もアップしました。


画質が荒くて実物と印象が異なりますが、コックピットハッチも威勢の良い発色に生まれ変わりました。


ビームサーベル刃はビルダーズパーツHD「MSエフェクト01」を使用。
今年念願の再販がなされたおかげで大量のストックを私は所有しています。

BANDAI SPIRITSが大量に生産してくれたおかげで段階的に少しずつ買い足したのですが、ガンダムベースでは今現在でも陳列されているそうです。勿論定価で買えます。


いよいよ完成が近づいてきました。


足の裏はこんな感じでマスクし易い位置でノズル周辺を色分けし、


細かいところはエナメル塗料の筆塗りで塗り分け。
という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください