RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


後ハメ加工した裾ですが、カットした際にどうしても隙間が出来てしまうのでそれを埋めます。


ちょっとずつですがプラペーパー貼ってみました。


まだこんだけしか貼ってませんが。今夜残りの隙間も埋めてみたいと思います。


ウェーブ社のディテールパンチで抜いたプラペーパーを貼り付け。


流し込み接着剤がはみ出てますが(笑)


あまりに豪快にはみ出てしまったので乾燥後やすりがけした方が良さそうです。

それでもまあ昔のようにこの手のディテールをBMCタガネで全て彫っていた頃と比べたら格段にスピードアップ出来そうです。

今回撮影していませんが無論いつものようにタガネで彫っていっている箇所もあります。プラ板で厚くする箇所と、タガネで彫り下げていく箇所を組み合わせて従来よりも複雑なディテールアップが出来るようになっていくと思います。

余談ですが昨晩から製作再開したSDクインマンサも少しずつ形が出つつありますので近いうちにそちらも記事にしてみたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください