RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


今夜は銃を作っていきます。
合わせ目消しが面倒な箇所があって私の技量ではキットのままだと綺麗に処理出来ないだろうな、という問題に直面してしまいました。これは完全に私の実力不足ですが。

あと折角グリップ周辺はこんなにゴツいのに重厚に向かうに従ってどんどん先細りになるデザインが個人的には好みでないのでいっそのこと自分好みのものに変更してしまおうと思います。


銃後方は段落ちモールドを巧みに駆使して合わせ目をカモフラージュしていますが、中程〜銃口に向かう部分には結構入り組んだ場所に合わせ目がきます。センサーユニットもそうです。ここも合わせ目がかなり目立ちます。


まずは私の技量では合わせ目消しするのが困難である砲身部の造形を切り離しました。


で、こんな調子でABSパイプとお助けパーツを使って砲身を自作。


まだ銃口をどうするか決めかねていますがこんな感じで形にしようと思います。

力強い造形に生まれ変わりましたし、何より合わせ目消しが不要となった点が個人的には大きいです。


センサーユニット関連も結構やばい合わせ目が目立ちます。


段落ち表現されている箇所もありますが個人的には不自然に見えたので何か手を打ちたいと思います。


こんな感じで合わせ目消しが難しい箇所を根こそぎカット。


先日買った模型に使えそうなアイテム。


特にこの「座金」というのが非常に使い勝手良さそうです。ホームセンターで格安で見つけました。


金属製で非常に精悍な造形となっております。


これからどんどん投入していきたいと思います。


今日の作業でだいぶ形になりました。


かなり迫力のあるものに生まれ変わりました。


写真から見て右側のセンサーは座金を組み込んでいきたいと思います。


左側のセンサー?には、


先日購入したgrepを取り付けてみたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください