RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


銃を仕上げていきます。


今回ピンボケ画像だれけになります。
作業に没頭し過ぎてて気がつきませんでした申し訳ありません。

ABSパイプメインで自作した砲身を真鍮線で固定したいと思います。


こんな感じで銃本体内部に真鍮線を生やして砲身を取り付けるのです。

これでただ接着剤をベタベタして固定するのだけではなく正確な位置合わせを行う事が出来ます。そして補強にもなります。


お次はグリップ。
ピンボケで見難く申し訳ありません。
グリップ本体と銃身は真鍮線を介して接続させました。しっかり貫通させます。


で貫通した真鍮線の先端に4ミリプラ丸棒を取り付け。


上から見るとこんな感じ。


センサー類を取り付けて干渉しないか確認。


でプラ棒の断面にgrepを取り付ける算段です。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください