RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


ようやくここまできました。


予定では一ヶ月前にここに到達する筈だったのですが(笑)


塗装の方向性としては製作開始時からお話しておりました通り「ギュネイ機 + クェス機」を ÷2 しつつ緑の箇所は青みを強く、白い箇所はクリーム感を出すという構想をそのまま体現出来ました。調色や塗料の組み合わせが良い感じに決まったと自画自賛しております。


個人的には太腿合わせ目にある既存パネルラインに沿って塗り分けた箇所がお気に入りです。


という事で今回は以上です。
数ヶ月ぶりにプラモの完成が近づいてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください