タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


カウルの塗装を開始しました。


以前下地として黒サフ → EXブラックを吹いていたのですが、繊維状、粒状のホコリが大量に付着していますのでこれを何とかしたいと思います。


まずコンパウンドで処理に臨みますが、如何せんホコリがデカいので除去し難い場合はスポンジやすりを使ってみたいと思います。


コンパウンドはこの段階では「粗目」は流石にやばそうなので「細目」を使ってみようと思います。


ちなみにどんな感じでホコリが付着しているか、というと、


ちょっと目につくだけでこれくらい付着していました。赤丸で囲んだものがそれですが、全てではありません。全部書き込んだら夥しい数になります。


細目で磨いてみました。


磨いた箇所はツルツルになりつつありますが、付着したホコリを取り除くには粗さが足りませんでした。


という事で今回スポンジヤスリを使ってみたいと思います。
大量に必要としているわけではないので百均で買ってきました。ダイソーで110円(税込)。


念のためふたつ購入しておきました。220円(税込)。


1200番と1500番を使ってみましたらホコリを取れましたが塗装も取れました(笑)


これ、当ブログいつもの展開ですよね?
カーモデルが完成しなくなるパターンです。


また塗り直して、ホコリ取ろうとしたら塗装もハゲる。だからまた塗り直す。そしてホコリが付着の無限ループが始まるいつもの負けパターンです。これのおかげで当ブログではカーモデルがいつまで経っても完成しましせん。


一旦気持ちを落ち着けて超音波洗浄しました。


ヘンなシミが出来てしまいましたが。


エナメル溶剤で拭き取りました。
黒い塗料も付着しているのが誠に不吉です。


再度EXブラックを吹き付け。
当然ホコリがたっぷり付着しました。これどうしましょうかね。振り出し時点よりも大量に付着しましたよwww


色々考えたのですがホコリ巻き込んだのをそのまま無視してEXシルバーを塗装しました。

あまりにもなホコリを巻き込んだ箇所だけ完全乾燥後スポンジヤスリで慎重に(可能であれば)取り除き、だましだましやりつつ、私自身の力量不足故に不満足な出来になりそうな箇所は潔く妥協してそそくさと水転写デカール貼りに移行したいと思います。

まずはカーモデルを完成させるという経験値を積み上げていきたいと思います。


旧ラベル時代数年前に何本かまとめ買いして長年EXシルバーを愛用してきていますが、当ブログ解説から9年目にして今回初めてEXシルバーのベタ塗りをしてみました。

月内完成が厳しくなりましたが、12月の早い時期には必ず完成報告したいと思います。という事で今回は以上です。

2 thoughts to “タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。”

  1. 以前に何処かでモデラーさんの記事を読んだのですが、埃を完璧に除去するのは無理なので、できる限り埃が付かない状況を塗装前に作る事がカーモデルやキャンディ塗装には重要との事です。
    繊維や糸屑が発生する服装で塗装しない。埃が舞う為、塗装中は席を立たない。塗装前には霧吹きを部屋全体に噴き空気中の埃や繊維等を予め下に落とすと良いそうですよ。
    ご参考までに(^-^)

    1. やますん様

      貴重な情報、誠に有難う御座います!
      おかげさまで光明が見えたと思います!
      先ほど仕事帰りダイソーで霧吹きを買ってきました。
      早速実践し近日中に進捗を投稿させていただきます!
      誠に有り難う御座います。
      今後ともご笑覧いただけましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください