タミヤ ウォーバードコレクション No.91
1/72 ロッキード マーチン
F-35B ライトニングII をつくる。


まだ完全ではありませんが、水転写デカール貼りもいよいよ大詰めといったところまできました。


今回に限らず毎度使用しているのですが、本キットは曲面や凹凸にデカールを追従させる必要がありますのでマークセッター必須です。

もしかしたら他社からも似た様なものが出ているのかも知れませんが、マークセッターであればソフターとフィッターが一本に纏まっているので非常に利便性が高いのです。


各種カバー類のデカール貼りもだいぶ終わりました。まだ何枚か残っているのですが集中が途切れてしまいましたのでまた後日やっておきます。

非常に高品質なデカールをタミヤは用意してくれていますが、機体デザインの都合上、どうしてもエッジに余白がきますので水に浸ける前に余白をカットしておきました。この辺も手間が増えますがやるかやらないかで天と地ほどの差が出ます。


F-35 というとグレーの塊みたいなイメージがありますが、実際はかなり色の切り返しが多く、デカール貼りには相当な労力を要します。


凹凸や曲面に柄もののデカールを貼るというパターンが多いため、なんとなくこの辺に貼っておけば様になるだろう的なやり方はあまり通用せず造形に合わせて正確にフィットさせながら貼っていく作業の連続となります。


ですのであまり急がずじっくり落ち着いて貼り進めていくことに専念しました。


垂直尾翼も本日接着しました。
接着剤がはみ出ないよう正確に。


機体下部もあと数枚で貼り終えますが、集中が切れたので大事をとってまた別の日に貼っておきます。

現在、仕掛品が山ほど積み上がっていますが、明日は久しぶりに新製品レビューしてみたいと思います。と言っても先月末ごろにリリースされたらしいので周回遅れ気味ですが。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください